スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネガティブな感情に振り回される時


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日の言葉 
────────────────────────────────────

緊張、苦悩、怒り、うらみ、攻撃性など
否定的なものはそのまま捨ててしまうのではなく、
それはいったい何なのか、
どんなメッセージを伝えたがっているのか、
わかろうとする方がずっと安全だと思います。

               ---アーノルド・ミンデル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 解説
────────────────────────────────────

ポジティブシンキングをはじめとして、
負の感情を持つことは敬遠されがちです。

もちろんそのような感情に巻き込まれてしまうことは、
好ましい事態ではなく、心の平穏は望むところですが、
こうした否定的な感情を捨ててしまう、
ふたをしてしまう、見て見ぬ振りをしてしまうのは、
とても危険な行為であると言えます。

感情は自分自身の一部であり、
切り捨てることはできません。

その感情はどうしてわき上がってくるのか?と
積極的に客観視することで、
そうした感情に振り回されることはなくなります。

─────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日の賢者の言葉は感情を観察することについて書いてあるようです。
私も働き始めてから、いろんな感情について観察しなければならない時が多々
出てくるようになりました。
仕事が終わってアパートに帰りつくと、その日一日の事が走馬灯のように頭を
よぎります。作業で気になることがあれば、そのまま悩みに捕らわれてそのうち
不安神経症にでもなりそうな状態になってしまいます。昨日がその様な感じでした。

人間関係も神経を使う大変なテーマです。
A型事業所では、短時間労働の障害者を沢山雇用するので、仕事中人が多すぎて
古株の人がその様子を見ていて、「人が多すぎる」とイライラしたり…。
まだまだ病気の状態が良くない方が採用されて一緒に働きだすと、大変なことに
なります。でも、実際は状態の全然良くない方でも沢山採用されていて、
他の皆が、その作業の要領の悪さにイライラしたりすることはよくあることです。
サボる人も時々いるので、その人たちは”税金泥棒”などと陰で言われています。

私は噂話には加わらない様にして、出来るだけ平和な気持ちで仕事が出来るように
工夫しています。噂を聞いても中立の立場で接することにしています。
そして暇がある時には、職場に対してホオポノポノでクリーニングをして
また同僚一人一人のこともクリーニングをしています。

そういえば、この職場で上手くやっていくためのコツを教えてくれたSさん。
とても感謝しています。新参者は陰でひどいことを言われるのがいつものことなのに、
Sさんのアドバイスのお陰で、私は何とか職場に溶け込む事が出来たようです。

毎日いろんな事がありますし、感じることも沢山あります。それを今日の賢者の言葉の
ように、きちんと原因を突き止めてクリーニングをしていこうと思います。


スポンサーサイト

頭の中の独り言

今日は賢者の言葉のメルマガに、心の静寂を得ることが、どれほど
大切なことであるかが書かれていたので、そのご紹介です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日の言葉 
────────────────────────────────────

静寂は神の言葉で、
他はすべてその下手な翻訳にすぎない

               ---エックハルト・トール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 解説
────────────────────────────────────

心の静寂を得ることが大切です。

自分の思考を注意深く観察すると、
様々な言葉や感情が自分の中で、
大きな音を立てているかわかると思います。

それらのけたたましい騒音を取り払って行った所に、
本当の静寂があり、絶対的な安息があると言われています。

────────────────────────────────────
私も頭の中でいつも独り言を言っています。気づかないかぎり私の頭の中は
何かおしゃべりをしています。そして、それが延々と続きます。
果ては脳疲労に繋がります。
以前から、私は自分の独り言が自分を疲れさせているのを気づいていたので、
静寂を得るための瞑想をするようにしています。しばらく何も頭の中に
ない状態にすると、心が静かになります。それは、とても気持ちの良いものです。

ディーパック=チョプラ博士も瞑想の利点について、よく話をされています。
彼は著名なインド系アメリカ人の精神科医です。
観察のための瞑想というものをすると、心が静かになります。
それをすると、脳疲労が無くなります。ですから時間があれば、私は
それをするようにしています。

昨日、ホメオパスのカウンセリングを受けました。
脳疲労が出ているとのこと。私は最近、過去の最愛の人のことで思い出に
押しつぶされそうになっていたことを思い浮かべました。原因は多分、それです。
思い出で頭の中が空転してきたら、立ちあがって歌を歌うとか、踊るとかいう
アドバイスをもらいました。散歩に行くのもいいそうです。

頭の中をからっぽにする。そして心の静寂を得る。
とても大切なことです。
今日は特にこのことに集中しようと思います。








効果的な瞑想について

私は最近、心を落ち着けるためにいつでも気がついた時に、瞑想をするように
しています。瞑想をすると頭の中が静かになり視力にもいいみたいです。
無意識に頭の中で話をしていることの多い私達。
頭の中が静かになると、随分と楽になります。
しばらく訓練すれば、静かな状態が普通の状態になるので、瞑想をしなければ
気分がなんか落ち着かないというかなんというか…。
そんなことについて書いてある記事がメルマガにあったので、ここにご紹介です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日の言葉 
────────────────────────────────────

瞑想の修行を始めて最初に気が付くのは、
自分の心が、ということは自分の人生というものが、
ほとんど無意識的なおしゃべりで占められているということである。

               ---ケン・ウィルバー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 解説
────────────────────────────────────

私たちの意識は、常に何かに思いを巡らせています。
あたかも流れ続ける川のように、
意識が頭の中を流れ続けています。

瞑想を行うことのメリットはたくさんありますが、
まずは、自分の意識が如何にやかましく
鳴り続けているのかを知ることが大切です。

それらのおしゃべりを客観的に観察することで、
本当の静寂が自分自身の中にあることに気がつきます。

────────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私の場合は意識を目の後ろに持っていって、頭の中をチェックします。
耳を澄まして、自分の声が聞こえるとそれを打ち消して、周りの自然の音が
聞こえるように意識の運転をします。そして、なにもしゃべっていない状態を
出来る限り長く保てるように努力します。

以前私がホメオパシーの先生から診断を受けている時に、セラピーをしてもらった
ことがありました。その時に、目を閉じて心をリラックスするように言われました。
それでさっきのやり方で、自分の気持ちを静かにして待っていました。
すると、セラピーが終わったあとに先生が、「cocottolandさんは本当はとても
シーンと静かな人なんだと思う。私も一緒にいて静かな気持ちになるから。」と言われ
自分の瞑想の効果を実感しました。私も人間ですから、いつも静かにしている
わけではないのだけど、瞑想の時間が長ければ長いほど、頭がすっきりします。

瞑想は決して難しいものではないです。体の力を抜いて、頭の中を観察するのです。
そして頭の中の声を聞かずに、自然に聞こえてくる音を聴いたりして、余計な
事を考えないようにします。それだけです。

体も心も楽になる瞑想。是非みなさん、生活に取り入れてみて下さい。

  慈悲の心で行動をとる

今日のメルマガの言葉です。
思考や感情に振り回されないように、どうしたらいいのかが書いてあります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日の言葉 
────────────────────────────────────

できるかぎり自覚と慈悲をともなった生き方をしなければなりません。
そうすれば結果がどうであれ、後悔することはないでしょう。

               ---ダライ・ラマ14世

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 解説
────────────────────────────────────

私達は日々行動し、結果を得、分析し、一喜一憂しています。
しかし、真に自覚し、慈悲や愛情をもって思考し、行動していることは稀でしょう。

自覚的であるという状態は、感情や思考から切り離され、冷静な観察者である状態です。
慈悲とは、愛を持ち利他的な状態と言えると思います。
感情に振り回されたり、迷いながら決断を下してしまったり、後悔してしまうことも多いと思います。

そんな時は、その状態を自覚しましょう。そして慈悲の心で行動を起こしましょう。

────────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
慈悲の心で行動を取る、というのはなかなか難しいですね。
でも感情も思考も、一時だけ気持ちを通り抜けるもの。
たいして重要なものではありません。ですから、客観的に冷静な観察者でいることが
大切なのでしょう。

慈悲の心で行動を起こす。難しいけど、今日から実行してみようと思います。

思考によって左右されること

今日の賢者の言葉はネガティブ思考とポジティブ思考について書いてあります。
思考はただ通り過ぎるもの。実在して行動を左右するものですが、
それに振り回されてはいけません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日の言葉 
────────────────────────────────────

悲観主義者で、たえず悩む人には、
「あなたはなんて愚かなんだ」と言いたくなります。

               ---ダライ・ラマ14世

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 解説
────────────────────────────────────

悲観的で、たえず悩んでいると、
進歩は望めず、行動することも出来ません。

いつもポジティブでいると、
それはそれで、大事な問題を見過ごしてしまいます。

大切なことは、出来事を客観的に見つめ、
怒りや不安といった感情に巻き込まれず、
適切な行動を起こすことです。

────────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
感情に巻き込まれないというのは、心にスペースを作って、そこで感じることを
信じること。心にスペースを作って、ただあるがままを見つめること。
自分の心を大切に思って正直、誠実に行動すれば、多分何も問題は起きないのです。
最近私はずっと、携帯サイズの本、「自分にやさしくなるセラピー」をいつも一緒に
持ち歩いています。今日も職場でお昼休みに読んでみました。
落ち着きます。

ドクターモルツも言っていたけど、リラックスからしか真実は生まれない、と。
どうしてもリラックス出来ない人は、多分、自分にやさしくしていないんです。
泣きたい時に泣かないとか、決して弱音を吐かないとか、いろいろ心が風邪を
ひきそうなことをする場合、やっぱり感情の解放をするといいと思います。
一人で部屋でクッションをぼこぼこ殴るとか、音を気にしなくていい所で
叫んでみるとか、映画を観て泣くとか。

私は長い時間をかけて自分の気持ちを解放してきました。途中苦しくなる時もあり、
その様子を見た両親が、私に干渉してきました。それで一人暮らしを始めて、また、
感情の解放を始めました。結果はやはり表情に現れるようです。明るくなった。

今は心にスペースを作ることを心がけています。あるがままでいられるように。
プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。