スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアサポート専門員専門研修が終わる

11日、12日はピアサポート専門員の専門研修でした。
また9月の時の様に、早朝に新幹線に乗り会場へ。
基礎研修の時とあまり変わらない顔ぶれだったので、
アットホームな空気の中、無事研修を終える事が
出来ました。

9月の研修の時はグループワークの時に、案外簡単に
付箋を意見で埋めることが出来たのですが、今回は
テーマが難しくて、なかなか意見が出てこなかった(汗)。

他の方の意見を見て、
「あぁ…、なるほど…。」と思った事が多々あって、
学びの多い研修でした。

中でも難しかったのが、ピアサポート専門員としての
倫理意識。
ミシガン州のピアサポート専門員倫理規定があるので、
それを参考に意見を出すのですが、皆さん苦戦していました。
私は、自分がリカバリーモデルとなるのだから、と
「心身の健康を追求すること」と書きました。

職場の危機管理でも興味深い話を聞く事が出来ました。
いろんな話があったのですが、守秘義務があるので
ここでは書けません。

台風がやって来ていたので、12日の夕方までの予定が、
1日目に2日目のプログラムを入れ込んで、2日目は
昼過ぎまでで終わってしまいました。
ファシリテーターの方々の心配りには感謝です。

それにしても、やはりファシリテーターの方の力はすごい!
私も頑張らなくては…。
ピアサポート専門員として出来る事。そしてやっておいた方が
良い事とは。
”実績を積むこと”と皆さん言われていました。

この言葉を聞いた時、最初、ズシッと体全体に
プレッシャーを感じたのですが、それを良いプレッシャーだと
受け止めて、いくつか浮かんだアイデアも言うだけでなく、
必ず実行してみたい。そう決意しました。

帰りの新幹線で、同僚といろんな話をしました。
それぞれにいろんなアイデアがあることもわかりました。
今週からまた仕事。
密度の濃い仕事が出来たらいいな…と思います。

横の繋がりも少しですが出来ました。
今回は1日目の後に食事会もあり、他県の話も
聞くことが出来ました。ピアサポーターには
いろんな雇用形態があるのですが、ある所では、
その就労状況に問題があるとのことで、
地元の一般社団法人 支援の三角点設置研究会という所に
連絡したとのことでした。
私達の就労環境について調査をしている組織です。

結局私達は、自分の立場を守る為にピアサポート専門員の
資格を取得しようとしているのです。
取得することだけが目的ではありません。
資格とはそういうものです。
そして自分の権利が守れない人は
他人の権利も守れない、ということです。

志が同じで気の良い人達に囲まれての研修でした。
また抽選に入れたら、今度は11月29日、30日に
東大の医学部にて研修があります。
抽選に入れたらいいな…。
そのために手術の延期もしたことだし。

明日は仕事も休み。
だからゆっくり音楽を聴いて本を読んで。

そういえば病状が悪い時には、全く
本や音楽に集中する事が出来なかったなぁ…。
今の状態がありがたい。

夕方には娘と電話で長話をして…。

今クラシックを聴いています。
心がスッキリとする。

明日は曇りのち晴れ。
近くのショッピングモールのお気に入りの店で
10%オフのセールが始まるらしい。
ウィンドウショッピングに行こうかな…。
くれぐれも無駄な買い物をしないように気をつけなければ。
そのお店。いつも何か買いたくなるような雰囲気なのです。
ディスプレイが上手だし。
楽しいお店です。

明日を楽しみに静かな夜を過ごします。
スポンサーサイト

ピアサポート専門員の研修

13日、14日と他県の研修に、同僚と一緒に
参加してきました。

「精神障がい者ピアサポート専門員養成研修」の
基礎研修でした。

日頃ほとんど移動することが無い生活なので、
本当に疲れきってしまいました。しかし、
この3日間で、私のピアサポート専門員に対する
考え方がはっきりとしてきました。

今までは少し混沌とした気持ちが心の奥底にあった
のですが、この研修で先輩ピアサポーターに出会い、
またいろんなピアサポーターの意見や考え、思いを
聞いてからは、自分の仕事への取り組み方を
変えなければならないな…と思いました。

研修の内容は、本当は2日では足りないほどの
ボリュームだったそうですが、何しろ現在
働いているピアサポーターが対象だったので
土日の2日間と決められたのだそうです。

研修の中でも特に印象に深かったのは、
先輩ピアサポーターのリカバリーストーリーが
聴けた事と、その先輩ピアサポーター方の
シンポジユウムでした。

皆さん、人柄が素晴らしくて温かくて…
そして人生に対しての取り組み方も、
とても腰が座っていて。
根性も座っていて…。
私はお話を聞いていて自分が恥ずかしくなりました。

何事も建設的に気持ち良く考えていこう!と
思いました。

磯田重行氏が、
自分は本来ならば一番元気な年頃に発症して、
それから8年間ずっと引きこもり、寝てばかりいて、
外に出るとしたらデイケアだけの生活だった。
でも30代始めにピアスタッフと言う仕事に出会い、
始めは何の仕事なのかもわからないまま
続けていたら、自然と形になってきて
40代に入ってから、やっと生活がしっかりとしたものに
なってきた、と言われました。

能力が高かったということは勿論の事、
素晴らしい人との出会いも沢山話されて、
他にも5人のピアサポーターが話をされたのですが、
たとえば、
「チャンスを待つ間にいろんな事を準備しておく」
という考え方を教えてくれたピアサポーターがいて、
自分の人生にも反映できたらいいな…と思いました。

今度は10月に専門研修があります。
参加する予定なので楽しみです。また、
心が洗われるような体験が出来るのでしょう。

障害を強みにして、
心あらたに生きていきたい。

精神障がいピアサポート講座④

1昨日は、ピアサポート講座の最終日でした。
テーマは、
「私の体験談・ピアサポートを語る」で、2人の
認定ピアサポーターが話をしてくれました。
2人共、病状を何とか良くしたい!というお気持が
強く、一生懸命に生きていらっしゃる様子が伝わりました。

そして、センターの技師が、
「ピアサポートをするうえで大切なことを考える」という
テーマで話をされて、改めてピアサポートを皆で考えました。
中でも、”フォーマルなピアサポートをするうえで
あなたは何が大切だと思いますか?”という問いには、
ピアの皆さん、本当に熱心にメモに書き込みを
されていました。
 
私は、傾聴の姿勢を基本とする、などのことも勿論ですが、
「自分自身が自分らしく活き活きと生きること」と書きました。
これは自己管理をするうえで大切なことだと思ったし、
そういう風に生きている自分が他のピアの
リカバリーモデルとして成立するのではないかと
思ったからです。

その後は、グループワークでピアカウンセリングをしました。
久しぶりのピアカンだったので、楽しく実践させて頂きました。
同じグループのメンバーのことがわかり、安心して
心を開いて話すことが出来て満足しました。

リカバリーの転機は何でしたか?というテーマでは、
皆さんが、「特に転機というものはなく、自然と
リカバリーの道のりを歩んでいた」という方ばかりでした。

私も、転機というものはありませんでした。
ただ、とても病状が最悪だった時に毎日自殺を考えて
暮らしていたのですが、一方で、治癒に向けての意欲も
捨ててはおらず、「生きていれば必ず良いことが起きる」と
自分に言い聞かせて毎日祈りながら、本当に
それこそ1日1日を刻むように過ごしていたので、
やはり、あきらめない気持ちと祈りの力が、私を
リカバリーへと導いたのだと思います。
私のリカバリーの原点は、「あきらめない心」にあったのだと
思います。
”希望”という言葉とも置き換えられるのではないのでしょうか。

*******************
昨日は、ピアサポート相談室のピアサポーター4人で
講座の振り返りをして、1時間程、上司も含めて
ピアサポーターとして何を大切にするのか、という事を
皆で意見を出し合いました。
その後、4人でそれぞれの強み・良さ(ストレングス)について
思っていることを発表し合いました。
いろんな意見が、それぞれに出て、有意義な1時間でした。

そういえば、地元のとある病院が、
ピアサポーターを雇用することになりました。
「精神障がい者ピアサポーター育成活用事業」
(地域人づくり事業)
の一環で、研修もあるようです。
なかなか良い雇用条件だなぁ、と感じました。

私はというと…、
これからは自分の足の神経鞘腫と真剣に向き合わなければ
なりません。
術後の生活の工夫とか、今からいろいろ情報収集して
準備しておかなければならないかな、と思っています。
整形外科の主治医の先生には、手術が一番上手く
済んだ時は、どの程度の後遺症で済むのか等、
具体的なことを聞こうと思います。

上司とは今後のシフトの組み方について話し合って、
10月の第1週までお休みを頂くということで、今、
話が落ち着いているところです。

早く仕事に復帰したいです。
ピアの友人は、「完全復帰」を祈ってくれています。
私も頑張らなくては…。
そして今のうちに仕事の引き継ぎを完全に済ましておきたい。
いろいろ課題がありますが、ゆったりと構えて、
人に甘えられるところは甘えさせて頂いて、
安心な状態で暮らせるように祈っています。

精神障がいピアサポート講座③

昨日は、ピアサポート講座の中で、関東地区から講師を
招いて、ピアサポート講演会が開かれました。
講師の先生は2人…
・宇田川 健氏(NPO法人地域精神保健機構COMHBO共同代表)
・相川章子氏(聖学院大学、人間福祉学部人間福祉学科教授)
講演のテーマは…
「ピアサポート・ピアスタッフ・経験をいかす仕事」

2時間ほど、スライドを見ながらのトーク形式で話をされていきました。

ピアサポートに大切なことは、”支え合う”こと。
そして、”自主性を育む”こと。

宇田川さんは、精神保健の枠にはまってしまう事の怖さを語りました。
また、相川さんは、支援する側と支援される側、という古い
システムをピアサポートをすることで、その意識を変えていこう、と
語りました。

いろんな話しがあったのですが、最後に…
新たなポジションの創設、意識改革、そして
リカバリー志向への転換、差別偏見の軽減、
ピアサポートのサービスの質の向上、
専門職とのニーズの共有
等、
訴えかけられました。

自分の地位を自分が守る。
そして、ピアサポーターは今、産みの苦しみの中にいる…
というスライドは、とても印象的でした。

私は、主幹と一緒に、お二人の講師を空港まで
送迎させて頂きました。車中で、こんな話、
聞いていてもいいのだろうか(笑)というような
宇田川さんの話も聞かせて頂きました。
とても充実した講演会でした。

講演会が終わったら、ピアサポート相談室にて、ピアの皆と
講師の先生と職員で意見交換会をさせて頂き、
私は宇田川さんに世界の精神科事情と、当事者の様子に
ついて質問させて頂きました。
いろんな各国の事情が聞けた後は、
数人で懇親会がありました。
皆、薬を服用しているので、あくまでお酒を飲むというよりは、
美味しい郷土料理を楽しんで交流する、という感じ。
これでも、本当にためになる話をお二人から聞けました。
 
帰りはピアの同僚と、ピアサポートについて話をしながら
盛り上がりつつ、バスの時間があるので
急いで別れて帰途につき、
満足感と一緒にお風呂でリラックスした後に熟睡です。
楽しい特別な日であった、と思います。

***********************

昨日は、講演会会場で久しぶりにあるピアの友人と
会いました。彼女は手術を受ける予定の私のために
わざわざ神社で参拝して、お守りを持ってきてくれました。
お守りの袋には、

「浄明正直」

という文字が書いてありました。
私はそのように生きていきたい。
鈴がついていて、鳴らすと本当に心地よい音がするのです。
早速、自分がいつも持ち歩くバッグにつけさせて頂きました!
本当に、ありがとう!

今日は仕事が休みです。
いつの日か、週5日、フルタイムで働けるようになりたい。
その前に、手術が上手くいきます様に…。

精神障がいピアサポート講座②

1昨日は、4回のシリーズで行われる、
精神障がいピアサポート講座の第2回目の講義がありました。

第2回目のテーマは「ピアサポート活動の実践報告とピアへの思い」。
私達、市のセンター内のピアサポート相談室のピアサポーターの
活動報告と日頃の思い、仕事を通して感じた事などを話し、
市の精神保健福祉室からのピアサポート活用事業の説明、
それから、地域移行支援・地域定着支援事業のピアサポーターから、
活動の実績と、仕事を通して感じた事などを発表していきました。

最後には恒例のグループワークがありました。
やってみたいピアサポート、ピアサポートの将来像などについて
話をして、付箋に書き出して模造紙に貼っていきました。
みんなで模造紙の作品は好きなようにデザインしました。
そのためのいろんな色合いのマジックもありました。

毎回、話が白熱して時間内には終わりません(笑)。
第2回目もやはり、いくぶんか時間オーバーしました。

講座が終わったあと、私達ピアと職員それぞれ2名ずつで
片づけをするのですが、予算の関係で残業が出来ないので、
時間内にバタバタと急いで机やイスなどを移動し、
片づけが終わる頃には、疲れでさすがに頭痛がし出しました。
でも翌日は仕事がオフでゆっくり休めたので大丈夫。
なんと、その日は7時に寝てしまいました!(笑)

こんな疲れって爽快で好きだな…。
完全燃焼した後に、ぐっすりと眠る。
気持ちの良い事と言ったら!

いつもこんな状態で生きていきたい。

今日も仕事が休みです。
朝から家の掃除を徹底的に済ますのです。
清潔な家って気持ちがいい。
生活自体も整ってくるし…。

そういえば昨日は精神科の病院の受診日でした。
主治医が私の話を楽しそうに聞いてくれていました。
最後にピアサポーターの雇用が出来る様に、
考えていこうと思う、とも言われました。

最近、少しずつ地元でも、
病院がピアサポーターの雇用を考えているという話を
聞きます。
良い兆候です。
将来に光がさしてきたような感じがします。
ピアのみんなも、これを望んでいたのです。

ピアサポートの将来像…。
社会にもっと関わりを持った、社会に貢献するピアサポーター。
入院中の当事者と地域のかけ橋となるピアサポーター。
目標に向かって、みんなで力を合わせて頑張っていこう!

***********************

今日は広島の平和記念式典が8時から行われます。
私は、この式典が大好きです。
というのも気持ちが引き締まる想いがするからです。
平和という言葉。
心の平和から地域の平和、世界平和まで沢山のものが…。
大切に感じていきたいです。

今日はとにかく祈る。そして瞑想する…。
平和について。

素晴らしい時を過ごそうと思います。
プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。