スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏、WRAP集中クラスが終わる

1昨日と昨日は、WRAP集中クラスでした。
私は、サポーターとして記録係をしていました。
何とか役目を終えて、今日、ホッとしているところです。

記録をするにあたり、上司に後で編集をしてもらったのですが、
やはりもっとPCの腕を磨かなくては…、と思いました。

昨年度の集中クラスの時は、同僚が他人のコメントを記録
するということに対して、大変抵抗感があったらしく、
2日間とも早々に記録を切り上げて、後のことは
全部上司に押しつけて、ピア室で休んでいたのでした。

今年は、その同僚もすでにいないので、そのような事もなく、
無事、2日間とも思う存分に楽しめて、記録に集中する
ことができました。

上司のPCの扱い方を見ていて本当にその素晴らしさには
感動しきりでした。まぁ、当たり前といえば当たり前の事
かもしれないけれども。ほんとにいろいろと教えてもらいました。
記録をしている時にも、本当はご自分が始めから入力して
いれば楽なのに、私が入力に専念している間、
一言も干渉せずに温かく見守ってくれていました。

いつもWRAPに参加して思う事は、頭がスッキリすること!
活性化するというか!爽快感があるんです!

それに皆さん、いろんな考えを自由に語っている様子が
素敵なんです。 
今回は、支援者の方も2人参加されていました。
1人の方は、デイケアに是非取り入れてみたいとのことでした。
この様に、積極的なスタッフがいる病院は幸運ですね!

**********************

昨日は昼過ぎに雨が降り、今日は一段と秋らしくなってきました。
朝から久しぶりに、20年前に購入した大好きな、
ジャネット=ジャクソンのCDを聴いています。
私は、パーカッションやベースの効いた音楽が好きなんです。
かなりハードな感じですが、若かった頃を思い出しながら
聴いています。

40代に入り、大手スーパーでパートをしていた時などは
毎朝寝ぼけた頭をたたき起すために、ガンガンと
大音量で聴いたりしていました。今考えると、
リラクゼーション法の観点から、あまり感心できることでは
ないのですが…(笑)
いや、私はとにかくあの頃必死だったんです。
よく頑張っていたなぁ~と自分で自分を褒めてあげたい。

これからも色んなことが起こってくるのでしょうけれど、
WRAPでいうところの”サポーター”が幾人かいるので
大丈夫。
皆に支えられながらハッピーな人生を送りたい。

そういえば、3日前から向かいの家の解体工事が。
大きな由緒ある家なので時間がかかるみたい。
外から見ていても、家主の愛情が伝わってくるような
つくりの家なんです。
もったいないなぁ…と思いながら眺めています。
さっき見てみたら、もうすっかりと原型がありません。
もうじき解体工事も終わるのでしょう。
少しさびしい感じがします。時の流れを感じるというか。
祖父母が建ててくれた家が解体された時のことを
思い出しました。何だかあっけなくて…。
父はよほど悲しかったのか、跡地を見に行く事は
絶対にしませんでした。その父も、もう居ません。

一日一日大事に想いを込めて生活しようと思います。





スポンサーサイト

いろんな事を勉強する

昨日は、地元のWRAPのグループ、”らっぷらんたー”の定例の会に参加しました。
昨日のテーマは、自尊感情について。
みんなで自分がどんな時に良い気持ちになるか、意見を出し合いました。

・畑を耕して花が美しく咲いた時に、命の尊厳について気付く
・父親としての責任を果たしている時
・WRAPなどのコミュニティで良好な人間関係ができる時

などなど、沢山意見が出ました。
私は、「ハート瞑想」というものを実践している時、と発表しました。
「それをするとどんな感じがするのですか?」と質問があったので、
「心と頭が静かになる感じ」と答えました。

そして、次に「認知行動療法」について教えて頂きました。
これはピアサポーターのテキストにも載っていたのですが、
説明が難しすぎて理解困難だったものでした。なので、
昨日、わかりやすい説明を聞いて良かったと思いました。

WRAPの方々は皆さん、良質な情報を持たれていて、良い人脈も
築いていらっしゃるし、私も毎回とても良い刺激になります。
勉強もさせて頂けるし、素晴らしい人達だなぁ、と思います。

ピアサポーターとして市に雇用されていると言っても
自分からいろんな情報を探し出して勉強をしていかないと
きちんとしたピアサポーターにはなれません。今、
情報が少ない分を、WRAPの皆さんから補って頂いて、
自分なりに勉強をしていきたいです。





新年度のプレゼント?!

新年度に入り、ピアのみんなで、
「他所のピアサポーターとの交流が欲しいよね」なんて
話していました。そして、折角4名一緒に市に更新して頂いたのだから
ささやかなお祝いをしたいよね、なんてことも話していました。

すると先日、突然WRAPの人達が、ピアサポート相談室に
外国のWRAPのファシリテターを一人、連れてきて下さいました。

私達は、職員さんも含め、いろんな話をしました。
その外国の人の国では、WRAPの周知が行き届いているとのこと。
そして、その人は広報の仕事をしているのだそうです。

みんな、話が終わって緑茶と神戸パイで歓談して名残惜しかったけど、
その外国の人は、一人で日本全国を回っているのだそうで、
また次の場所へ…。

その人は勿論当事者で、2年前に発症し、でも今は薬の量も
かなり減っているとのこと。
現地では、やはり私達と同じく週3日の勤務だそうです。

私は、体力的な面がとても気になっていたので、それを聞いて
なんだかとても安心しました。

今日は主治医から、先日渡しておいたピアサポートの資料と
体験談の原稿を返してもらって、感想を聞く日です。
楽しみです。

WRAPの集中講座でした♪

昨日と今日は、2日間にわたってWRAPの集中講座でした。
朝の9時半から夕方5時まで、
「リカバリーにとって大切なこと」と「元気回復行動プラン」という2冊のテキストを使って、
久留米のWRAPのファシリテーターの方が3人で、紹介してくれました。
市の精神保健福祉室のスタッフも交えて、和やかで、誰もお互いを否定しない雰囲気の中、
みんな、のびのびと意見を述べて、いろんな体験談などもしながら進行していきました。

あまりに濃密で有意義な時間だったので、ブログでいろいろ書けるものではありません。
ただ、みんな、その時その場にいて、その事に感謝していて、満足していました。
それを言いようのない安心感と表現した人もいました。
私も、いつも使わない部分の心と頭を使って充足感を感じ、2日間たった今、なんだか
頭がスッキリしています。

いつもWRAPがある。
仲間(サポーター)が居てくれる。
それだけで安心だし、笑顔がこぼれる。

修了式に素敵なひまわりの花をあしらった修了書を3人のファシリテーターから頂きました。
そして、素敵な詩が添えられていました。
今日はそれをここにご紹介します。

**************************

あなたらしく ゆっくりでいいから
あなたらしい 未来を描いて またここから
そういつだって 何度でも何度でも歩きだせるから…。
見ている世界も きこえている音も 夢の形も
一人一人ちがうから
それが個性だと愛することができたなら
あなたにしかできない 何かがあるよ

           あなたらしくゆっくりでいいよ

**************************

WRAPの皆さん、精神保健福祉室のスタッフの皆さん。
どうも、ありがとうございました。

WRAPについてはこちら↓

http://www1.ocn.ne.jp/~wrap_krm/

WRAPの講座でした

昨日は、こころの病のピアサポート講座の3回目(最終回)で、WRAPの方が話をされました。

WRAP(元気回復行動プラン)とは、

Wellness
問題や病気ではなく元気をみつめる

Recovery
かけがえのない命を生き、人生を歩む

Action
日々元気であるためのチャレンジ

Plan
私の元気を私がデザインする


また、元気であるために大切なことは、

■希望
■責任を持つこと
■学ぶこと
■権利擁護
■サポート

さまざまなサインに気づき、状況に応じて、いい感じの自分でいるための行動プランを
組み立てていきます。

■元気に役立つ道具箱
■日常生活管理プラン
■引き金に対処するプラン
■注意サインに対処するプラン
■調子が悪くなってきている時のプラン
■クライシスプラン
■クライシスを脱した時のプラン

これらは、元気な時に組み立てておきます。どのプランから組み立てても構いません。
最も大切なことは、自分のプランを作れるのは、自分自身だということです。

元気になりたいあなたへ

困難な事を抱えて、大切なものを諦めたり、辛かったり、孤独に感じてしまう事はありませんか?
もしかしたら、困難な事や辛い体験は、成長と学びの始まりなのかもしれません。
毎日を穏やかに過ごし、何かにチャレンジし、自分に出来ることを探していくことが出来るのです。
WRAPはそんなあなたのお役に立てるかもしれません。なぜならWRAPはアメリカで
メアリー・エレン・コープランドさんを中心に、心の痛みや強い感情に圧倒されても、
元気になり、生活を楽しむための努力をしてきた人達の経験の中から生まれたからなのです。
どんな時でも、私達は自分のためにしてあげられる事があるのです。

コープランドさんは語っています。「あなたはあなた自身の専門家(エキスパート)です。
あなたは自分に何が必要で何を望んでいるかを知っています。決して間違いはないのです。」
ですから症状や困難な事を何かのせいや人のせいにすることをやめ、それを認めた上で、
関心を現在と希望に向けてみましょう。あなたはかけがえのない存在です。
自分はだめじゃない、また何かやってみたい、そう思えることがあなたの元気に役立つかもしれません。
WRAPはあなた自身の元気の扉を開くものです。
自分を信じ、自ら手を伸ばし、毎日の生活にあなたの元気に役立つ道具、
WRAPを取り入れてみませんか?



プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。