スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生で大切なもの、人間関係!

統合失調症患者に限らず、全ての人が社会の中で一番関心があることといえば、
人間関係ではないかと思うんです。素晴らしい成熟した親に育てられた人達は
あまり人間関係において苦労をすることはないようですが、精神的に未熟な親に
育てられた人達は、何かしら人間関係にストレスを感じることがあるようです。
ありがちなのが、相互依存のストレスとか…。
「私、いつもあの人の面倒ばかり見ていて大変なのよぉ~」とかいうものです。(笑)
あとは、人付き合い自体が好きになれないとかいうのは、ちょっと深刻ですよね。
だって他人があってこその自分なんですから。
私は未熟な親に育てられたおかげで、若い頃、他人のことを愛情を持って見つめる、
ということが全然出来ていなかったと思います。思い出すと自己嫌悪ですが…。

今日は、統合失調症と共に歩む会のメルマガに、人付き合いがスムーズになるための
ノウハウを伝えるDVDを販売している女性がいる、というので紹介がありました。

http://www.yume-maru.jp/ziritu/top/human/

人付き合い、大切ですよね。愛情あふれる人間関係は私の憧れであり、目標です。

幼いころから家族内では特に、愛情あふれる人間関係を持てなかったので、今、
ケーブルテレビで毎週、「女警部ジュリーレスコー」を見て、その成熟した愛情あふれる
会話を聞いて、長年の欲求不満を解消しています。
これ、犯罪ドラマですが、人間ドラマでもあるんです。
人生を楽しんでいる感じの関係とか会話が、あちらこちらにちりばめてあります。

あぁ、ここでは話かけてはいけないんだ、そうなのかぁ…、とか
あぁ、今はこれを絶対話さなくてはならないのだなぁ…、とか。
言葉だけで解決しようとせずに、間合いを大切にするところとかが、とても勉強になります。

フランスのロングヒットドラマ、「女警部ジュリーレスコー」、大好きです。


スポンサーサイト

まず自分が大事

ネクストリーダーのメルマガに、とても心に響く文章がありました。

http://www.nextleader.jp/2833/

オーラソーマのカラーセラピーでも、同じような事を習います。

まず、自分を愛しなさい。自分を愛することなく人を愛することはできません。
まず、自分をありのまま受け入れましょう…。

人は皆、自分のことばかり考えていると心が乾いてしまいます。
人のことを想うのは、心のバランスをとるためにも大切なことです。
人のことを想う時、心は充足します。そして穏やかになるのです。

ありのままの自分が嫌だと言う人もいるかもしれません。
でもネガティブな部分も含めて愛したらいかがでしょうか?
私も自分のネガティブな部分を、そのまま認めています。避けることはしないんです。
避けるとそこに心の抵抗が生じて余計に苦しくなるし、そのネガティブな部分は
通り抜けなければ克服することはできないものなのです。
ちゃんと通り抜けた後に、ありがとう、愛しているよ、と言うのです。

たしか、精神科医のぽにょ先生は、「ネガティブを愛する」という本を薦めていらっしゃいました。
今、ネガティブを愛するモードにいる、ともおっしゃっていました。
飾り気のない先生ですよね。私、ぽにょ先生、大好きです。

みんなで自分の事を愛するモード!?に突入しましょう!
そして人の事を想いましょう!

周囲の人達の記憶と私

働き始めて健常者としての道を歩み始めている今、以前の不愉快な出来事が
走馬灯のように頭の中をめぐる時がよくあります。
例えば、私の娘とほとんど年の変わらない女の子のケースワーカーが、
46歳の私に対して、「あらぁ~、そうなのぉ~。」などとタメ口で、まるで保護者が
子供の相手をする様に話すこととか…。
この様な事は日本全国あちこちで起きているようですが、不快感を覚える人多いようですね。
私も例外ではありません。そのケースワーカーの中の記憶とは、患者イコール子供の様な人達で、
まるで親のような保護が必要、というものなのでしょう。
私はこの様なタイプの人とは距離を置くようにしています。
あと入院中に、統合失調症の患者向けに心理教室というものがあって、そこでは20代後半の男性の
ケースワーカーが私達にレクチャーをするのですが、「退院したら何がしたいですか?」という
質問がありました。私が、「ボランティアをしたい!」と答えると、彼の顔には皮肉交じりの笑みが…。
まるで統合失調症の患者にボランティアなんて出来るわけないじゃないか!とでも言わんばかりです。
別に言葉で直接その意思は否定されませんでしたが、私は激しい怒りと反発心を感じ、その
ケースワーカーとも距離を置くようにしました。
結局現在、私はボランティアをしています。

他人の否定的な感情のために精神不安定になったり、自信喪失することは避けなければなりません。
特に統合失調症患者は、自分の考え方や感じ方に自分で敬意を払うことが大切です。だって、
いろんな人達にいろんなひどい事を言われたり、また奇妙なアドバイスをされたりする事が多い
からです。

統合失調症というだけで、いろんな波風が立つんだよ、と言っていた友人のI さん。多分、
家族や親戚との関係の事を言っているのでしょう。
私も家族には随分痛い目にあわされてきました。今思い返すと、あれらの家族の私に対する仕打ちは
完全な虐待であったと思います。よく耐えてきたなぁ、と、私の心と体に、ありがとう、と、大切にするよ
といつも言っています。

長年におよぶ家族の私に対しての誤った記憶とは、統合失調症である私は、どうしようもなく
周囲に面倒ばかりかけて、全く自立も出来ずに、いつまでも家族に苦労をかける出来損ないの
子供のようなものだ、という感じだったのでしょう。全然違うのに…。
言葉と態度で沢山の侮辱を受けました。だからしばらく後には、とうとう極度の鬱になり
ベッドの上で体が動かなくなりました。きつかったです。それでもなおかつ怠けていると責められました。
なぜその様にひどく扱われるのかワケがわからない無防備な状態に、家族のいじめは
エスカレートします。そういうわけで40歳ころから生保の申請を始め、5年かけてやっと許可をもらいました。
離婚の話し合いをしている時など、いちばん心の支えや肌身のあたたかさが必要な時期に
強烈な嫌悪感にさらされて、まるで毎日が地獄のようでした。
今でもその頃の心身の疲れが残っていて、時間をかけて癒している最中です。

周囲の人達の記憶に飲み込まれそうになりながら、自分を保つのは簡単な事ではありませんでした。
自分なりに何年も訓練して、やっと自分の考え方や感じ方を尊重出来るようになったのです。

今日はクリーニングしがいのある事柄を沢山書いてしまいました。
ブログに書き留めることにより、そこでネガティブな感情を解放しようと思いたったからです。
これからこの事柄について、さらにクリーニングを進めていこうと思っています。

皆さん、今日もブログを訪ねて下さって、ありがとうございます。

統合失調症と共に歩む会について

整合分子栄養学を重視される「統合失調症と共に歩む会」~薬に頼らない方法~の
長根山さんは昨日、健康博覧会に出展されたそうです。
栄養によって私達のコンディションは全て決まる。
特に精神疾患の人はビタミンが不足しているので、気をつけて積極的に
とっていきましょう、とメールに書かれていました。
私はサプリメントを買おう!と思いました。


「統合失調症と共に歩む会」~薬に頼らない方法~へは、こちらから↓


ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート

商品検索の箇所に ”統合失調症と共に歩む会”、と入れてクリックされますと商品が出てきます。
そこから冊子を購入されるといいですよ。
私は冊子を参考にして2か月。とても元気になりました。
仕事がみつかり働きはじめた今、もはや私は障害者ではありません。
栄養学って奥深いですね。

一番の価値があるもの

「断捨離」とは、自分の一番大切なものを見つける手段です。
頭の中の整理も同じ。まるで、ホオポノポノのクリーニングの作業そのものです。

もし、他のことをしなければ、自分は何をしているのだろう?と考えてみるのは
有意義だと思います。
自分が大切だと思う事をしている時、人はいきいきとします。
大切なものに囲まれていると落ち着きます。

本来の自分を取り戻す方法。
ホオポノポノのウニヒピリと、よく相談しながら皆さん、断捨離をしましょう!

一番大切なもの、そしてその次、またその次…
順番をつけて。

一番大切なものが見つかった時の喜びと爽快感は素敵です。
あぁ、知ってて良かった、断捨離。

今、流行りの断捨離のこと

今、自分の部屋を片付けるという行動が、とても神聖に語られることが多くなりましたね。
「断捨離」というのだそうです。ただ、片付けるというより、自分に必要のないものは
思い切って捨ててみましょう!と言っているのです。
これは実践してみたら、とても頭がすっきりしました。
いつものネクストリーダーのメルマガでも、他のブログ類でも沢山述べられていますが、
以前紹介させて頂いた、ヨガナンダさんのサイトでも特集があります。

http://yogananda.cc/index.html

ヨガナンダさんは、「スペースクリアリング」と言っているようです。

断捨離のための教材などもあるようです。
それを発売している、
ネクストリーダーのメルマガのアドレスは
http://www.listenit.jp/goods/wisdom_af.html

片付けられないとしても、気にすることはないと思います。
症状がひどい時は、それどころではありませんものね!
気にしない、気にしない。
無理せず、その気になった時にトライしてみて下さい。
きっと、頭の中のからまった糸がすんなりと一本にもどる様な感覚があるでしょう。
私も今実践中です。

障害者年金について

障害者年金を受け取るための手続きは大変でした。まず自分のプライドを
捨てなければいけなかったからです。診断書の内容を見たときには
絶句してしまいました。さんざんな事を書かれていたからです。
ケースワーカーさんに聞くと、2級の金額を受け取るためには、気にしなくて良い
と言われ、とにかく経済的に自立をして親元から離れる必要がある私は
書類記入を、そのケースワーカーさんとしたわけです。その時の怒りの感情は
体にもすごくこたえました。
でも今では、その年金に感謝しています。

生保の申請は、精神科に通院歴のあるものは、それだけで十分、申請の対象となります。
でも私は5年かかりました。すごく大変だったです。
今でも、なんでもっと早く許可されなかったのか不満です。
そのストレスと経済的危機で入院することになったからです。
もっと早く許可されていれば発症と入院は避けられたと思います。
結局、実際発症して主治医の手助けがなければ、生保の許可は出なかったのでしょうか?
いや、そんなことはない!と思います。
きつくて辛かったです。

今日は仕事はお休みです。
仕事は楽しく、今や私は健常者です。
もっと収入が増えたら、今度は障害者手帳を市にお返ししなければならないなぁ、と
感じています。

長年の苦労が体を痛めつけていたようで、安心している今、どっと疲れが表面に出ています。
主治医に話したら、とても良い兆候だと言われました。
主治医はとても私の自立を応援してくれるので助かるし、うれしいです。
主治医に恵まれて良かった!
プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。