スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の素晴らしさ

今テレビを見ています。
とてもいい感じの番組で、思わず見入ってしまったのですが、伝統的な事をいくつか紹介しています。
あぁ~、今、テーマソングが。「小さな旅」というNHKの番組のようです。いつもいろいろ紹介があるようだけど
今日の紹介は「心燃える鵜飼」というもので、他にも船を作る技術師のような人の様子などが
紹介されていました。

自然と共存することにおいては日本人の感覚は、まるでアメリカのインディアンと同じですよね。
それにアラスカのエスキモーなんかとも同じだし、大陸移動の歴史などを考えると
モンゴリアンという民族は皆同じ感覚です。鵜飼を見てそう思いました。
最低限しか自然から頂かないように日本人は鵜飼の精密さを信用し、一見、首を縛っているので残酷そうに
見えるけれども食べられる魚にも収穫の際に負担がかからず、美味しく私達も頂けるのです。少量だけです。

*******************************************************************************************************
ところで今、世界的に問題になっている「コーヴ」というドキュメンタリー映画は、ただ監督がイルカには
水銀が入っているから心配だ、と何度もコメントを出しています。残酷だから止めて、とか何とかは一切コメント
されていません。皆さんは、水俣病の怖さを知っていますか?私は映画の一部をみたけれど、
住人の方々はだいぶ水銀に体と脳をやられているように見えました。水銀は人の気性を荒くし、
乱暴にしてしまうのです。事情があってそれを食べ続けるというのは良くありません。国はその地域を
援助すべきです。

イルカは元気が良く、遠海からやってきます。
だからきれいな海ばかりを泳いでいるわけではないのです。特に海洋汚染のひどくなっている昨今、
私達は食べ物には最善の注意をしなければなりません。
*******************************************************************************************************

それから船を作る技術師のことですが、
その技術師の技術は、信じられないほどの素晴らしさでした。これはちょっと実際番組を見てみないと
伝わらないかもしれないと思って詳しくは書きませんが、20センチの木の板を沢山作り、設計図はなくて
ただリズミカルに特殊な形をした釘と木の釘で隙間をきれいにうめてつなぎ合わせて、あっという間に
作ってしまうんです。

その昔、江戸末期に黒船で来日した有名なアメリカ人ハリス総督は、来日直後から日本の衛生的なところや整然としているところや、素晴らしい技術力を見て、日本は少し助ければもっとすごい国になるに違いないと確信して条約の申し出でをしたのですが、鎖国でおかしくなっている日本はとても大変な騒ぎになってしまったのです。
それで結局、坂本竜馬は殺害されることになってしまったのです。
坂本竜馬が生きていれば、日本はあと100年は先に進んでいただろう、とよく言われます。

震災で日本全体が少しばかりシュンとなっていたりしています。
でもこの話を聞いて改めて日本の素晴らしさについて考えてみるのもよいことだと思って今記事をアップ
してみました。
それから…

震災場所にはいろんなセラピストが滞在していらっしゃるようです。
先日は、ペットを救えなかった人たちのためのセラピストの様子をテレビで見ました。
皆さん、頑張っていますよね。本当にすごい人達です。



今日も仕事。少しきつい。はぁ~…。
スポンサーサイト

体はあとからついてくる

今日は、統合失調症と共に歩む会のメルマガで、良質のサプリメントの紹介がありました。
****************************************************************************************

こんにちは。お元気ですか?

最近サプリメントは販売していませんか・・・とか販売していないのでしたら
良いサプリをご紹介いただけませんかというお問い合わせが有りましたので
私も愛用しているサプリをご紹介させていただきます。


ご興味がありましたらご確認下さい。


このサプリはサプリメント先進国アメリカで、お医者様が処方するサプリメント
シェアNo.1らしいです。
国内サプリメント企業にはまねできない、体温以下での低温製造により、
熱に壊れやすいビタミンなどの栄養素も効率的に摂取でるとのことです!


詳しくはこちらから↓
http://www.mailasp-neo.com/~user1015/neo/neo.php?bi6yg9wovot

************************************************************************************

私は経済的な面とかいろいろ考えて、ファンケルのマルチビタミン・ミネラルを飲んだり
また余裕(経済的に)がある時には、本物のブルガリアローズオイルのカプセルを飲んだりしています。
また、七田ナチュラルライフにも良質なサプリメントがあります。

ファンケル~ 0120-302222
七田ナチュラルライフ~ 0120‐104972

今日は肝臓機能をもっと詳しく調べるというので、2回目の別項目の採血検査です。
看護師の1回目の電話による結果報告がわかりづらく、不親切で適切でない!と怒ったので
きつかったです。何回も仕事中に電話を頂いたり、また電話をしなおしたり…。
本当は1回の採血検査と1回のエコーをお願いしていたんです。
300円とか1000円とか軽く考えるな!と言いたかったんです。
自分としてはエコーはきちんと検査を受けたいと医師にきちんと言っているのに…。
今から病院に行くので、その旨今日の看護師に伝言して主治医に伝えて頂くつもりです。
はぁ~、やれやれ…。
昨日はそれにしてもすごく怒ったなぁ。
怒りすぎて肝臓が痛くなりました。
気持ち良かったです。(笑)
つづく。
********************************



今は再び日記を書いているところです。なんとかエコーの検査を早くに入れて頂ききました。
採血検査も受けたけど、やはり血液の色を見たら昨日と同じでした。黒かったんです。
ほんとに必要な採血検査だったのか…。未だわかりませんが…。

はぁ~。安心した。結局エコーを受けられるので肝臓もゆったりして今日は痛くありません。
とりあえずは良かった、良かった。
そういえば主治医も変えてもらおうっと!
コミュニケーションがうまくゆかない医師とは早くにおさらばです。
まるで精神科のやりとりですよね。でも本当に理不尽な医師がこの日本には多いです。
こんなことを続けていたら本当の病気になってしまうよ…。

********************************************

今日曜日なのに、一生懸命主治医の変更をお願いしておきました。
なぜならば、「アルコールは飲まれますか?」と聞かれたので、「はい、年に2回くらいだけど強いお酒を
飲みます。」と普通に答えたのに、突然、「なにぃ~!」とまるで怒鳴られるように言われたんです。
それからはずっと変な感じの雰囲気が病室内に…。たった15分でも体をいっきに壊しそうでした。
これもきっと精神科の患者だから、このような変なやりとりになってしまったんだと思います。
主治医が変わることは今日確定だから安心して過ごしています。
やっと動揺と怒りと不安と無駄な出費と病気がさけられました。
世の中おかしいことが多いですよね。

私達は心の傷を沢山抱えて生きています。そのためにビタミンやミネラル類、その他諸々の栄養分を
通常の方達よりも吸収できにくい体になっています。このことについては、いろんな本にものっています。
「ちゃんと食べてる?」とか「そんなものばっかり食べてるから~」とかいう問題ではないのです。
本当は、なぜそのようになってしまったのか?というところに着眼して、思いやりの気持ちを持って
何でも処方するなり、カウンセリングをするなり精神科医には頼みたいのです。

障害者の皆さん、今日も頑張りましょうね!

***********************************************************

話し合いの結果、病院側が余計な検査の代金を返金してくれました。


人間関係について

今日、ネクストリーダーのメルマガの中に人間関係構築のコツのようなものが少し
書いてありました。

http://www.nextleader.jp/3116/

これはほんの一部のことだとおもいますが本当に相手を知る努力をしたり、
思いやったりする、ということは素晴らしいことで大切なことです。
私の同僚は、アイドルには特に興味はないのだけど、友人の話を理解するために時々アイドルの
番組を見たりするのだそうです。そしてその人は優しい人だから、きっとその後
友人がなぜアイドルを好きなのか…とか考えたり、とにかく丁寧に時間を取って、その友人の
ことに思いを馳せるのではないでしょうか。

家族、知人、友人を大切に考えること。
それが、とても大切な努力ですよね。

実は今日、特定検診の結果、「肝機能障害の疑いあり」ということだったので詳しい事を
医師の診察を受けて聞いてきました。今後の処置についても相談をして、
多分軽い障害だということだったので楽観的に見ています。
私達は日常的に薬を服用しなければならないので、多かれ少なかれ肝機能障害を持っている方は
多いとは思いますが万全の処置で望みたいと思いました。
血液検査をしたので、その結果次第では8月にエコー検査も受けるかもしれません。

それでは今日も皆さん、訪ねて下さって、ありがとうございました。


本当の幸せとは自己実現

今日のネクストリーダーのメルマガの内容をご紹介させて頂きたいと思います。
以前習っていた、”バランスセラピー”などでも同じ事を理論として扱うのですが
人が本来の持てる元気を出しきってイキイキと人生を過ごすためには、
自己決定能力を大切にしなければならない、ということなど…。他にも沢山大切な事は
ありますが、”自己受容”から”自己決定能力の形成”、”自己実現”までの道のりは
なかなか大変なものではありますが、特に困難な人生を送ってきた人や、人生が自分の
思うとおりに出来なかった人には、高くそびえる理想論だけの険しい岩山のように
感じられるかもしれません。

でも”本当の幸福とは?”と考えた時に、やはり真剣に取り組まなくてはならない道である
ということがわかります。

以下は、メルマガのアドレスです。

http://www.nextleader.jp/3129/

特に自己決定能力というものは、障害者の私達には、保護者や医師などの周囲の人達に、
その力をもぎ取られることが多いと思います。デンマークでは、障害者といえども
何事でも最終決定は患者自身に任されるという話です。日本では、何か決めなければならない時は、
特に精神疾患の場合、「とにかくご家族の方に相談しなけらば…」と言いますよね。
まずカウンセリング自体が未だに原始的内容ですから、そうするしかないのでしょう。
患者が本当の事を安心して医師に話して一緒に回復の道のりを目指すということは、
当たり前のことですが、日本では、とても難しいことです。

すっかり自分に自信がなくなっている方、そしてこの記事を見ても心が重くなる方。
皆さん、がんばりましょう!

メルマガの内容では、仕事を持っている人のみに当てはめられる事のように解釈されがちだと
思いますが、決してそうではありません。現在、症状に苦しんでいる方にも、ちゃんと
当てはまる内容です。
自分が何をしたいのか全くわからなくなっているという方は、ご自分の人生の出来事を時系列に
書き出していき、なぜ、そのような状態に陥っているのかを探るのも、良い方法ではないでしょうか?
かなり骨の折れる作業ですが、一度はやってみる価値のあるものですよ。
私も、よくそれをやっています。あるいは時間を取って回想してみるとか…。
その途中で感情の解放がある場合、そしてそれが辛い場合は、ポンと安定剤と眠剤を飲んで眠ればいいのです。
そして少しずつ、分離、混乱の理由をひも解いてゆけばいいのだと思います。
私も今日は明日が休みということで時間と精神的余裕がとれるので、また回想をしていました。
途中で少し辛くなりつつあったので、楽しい映画を見てひと休み。
「チャーリーと14人のキッズ」というエディ=マーフィー主演の楽しい映画でした。
明日はまた別の映画、「HATTI 約束の犬」というリチャード=ギア主演の心温まる切ないストーリーを
楽しみながら、少しずつ感情の解放を味わっていこうと思っています。
解放は無理なく少しずつ…。でないと危険なこともありますから。そのために
もうひとつ。ディーパック=チョプラ博士のアドバイスもここに載せさせて頂きます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Ask Deepak:瞑想によって起こる怒り
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.数日間、誘導瞑想を行った後に、心の中に強い怒りを感じることに
  気づきました。
  最初に起こったのは、21日間その瞑想法を行った時でしたが、
  大して気にもしませんでした。

  しかし今回、そのような怒りの気持が再び起こっていることに気づきました。
  その怒りは、昼も夜も一日中やってきます。
  静かに普通の瞑想をしていているときには、そのようなことは起こりません。

  なぜこのようなことが起こるのか、とても気になります。
  何かお考えはありますか。

A.実際に怒りが誘導瞑想と関係があるのであれば、それは多分、
  心の内部に発散できないで溜め込んでいた怒りがあり、
  誘導瞑想は、静かな瞑想での普通の平和な状態でははっきりしなかった
  その怒りを、解放しても安心だと感じる
  特別な状況を創り出したのかも知れません。

  これは単に仮定ですが、溜め込んでいた怒りは、タイミングが会えば、
  静かな瞑想によっても同じように解放することが出来ます。

  とにかく重要なことは、怒りで行動しないことです。

  その怒りとは、巻き戻して再生している昔の古い状態であり、
  あなたが他人に対して表現する必要のあるものではないことを認識すべきです。

  呼吸を整え、運動をし、歩き、書き、踊り、歌う ・・・ 
  そして、何者をも傷つけることなくその怒りを昇華させるために、
  必要なあらゆる事を行ってください。

  愛をこめて ディーパック
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


統合失調症は、根気強く忍耐強く取り組めば、必ず治癒する病だと私は確信しています。


DNAを修復する周波数がある!

それは、「ソルフェジオ周波数」というもので詳しくは以下のアドレスから!

http://freesound19.posterous.com/59387250

なんとも心地の良い音ですね。

私の好きな、グレゴリオ聖歌などの音階に含まれているそうで、それを知ると私は自分のコンパクトCD PLAYER に
早速前からお気に入りだったグレゴリオ聖歌隊のCDをセット。いつも聞ける状態にしてみました!

心と体を宇宙と再結合させること。健やかになること間違いなしのような感じがします。

嬉しい変化

仕事を始めて経済的に自立出来て安心感を感じるようになってから、これまでの疲れが
表面に出てきたり、また、ヒーリングも受けたりしていたので、抑圧されていた激しい感情の
解放が時々起こるようになりました。本格的な病気の治癒への道が開けてきたような感じがして
何だかとてもうれしいです。疲れも感情の解放も決して楽な状態ではなく、むしろ大変に
思われる時もありますが、それを繰り返すうちに少しずつ、バラバラになっていた思考や感情が
一つにまとまって統合してゆき、自分がしっかりとしてくるのを感じます。
まさに統合失調症から脱して、「人格統合」が成されているようです。

クリスチャンであることから、ホオポノポノに共通項を見出して、「心を楽にしたい!」という
強い気持ちから、4つの言葉を繰り返し唱えて実践していましたが、どうやら今までは
頭(マインド)での理解にとどまっていたみたいです。そのせいか、時々どうしても
4つの言葉を言えなくなる時があったのです。1か月、2か月と、そういう時期が続くのですが
何しろ精神的に助かりたいと願う気持ちが強かったので、そんな時でも頭のどこかでは必ず
ホオポノポノの事を考え続けていました。そして再び唱え始める、という感じで地道に
続けていましたが、勿論、家族との関係が良くなるなどの効果もあり、そこそこ満足して
いました。
ところがそれで一件落着かと思いきや、それではまだウニヒピリが充分ではなかった様で、
感情の解放を経験することとなりました。そしてその後は自然とホオポノポノの事も
頭(マインド)ではなく心(ハート)で理解できるようになり、4つの言葉の使い方も
無理がなくなり、今では心(ハート)の真ん中に、”愛しています”という言葉だけが
落ち着いた存在感を持って、あるのです。こういう状態を、”無条件の愛”というのだ
そうですが、他にも3つの言葉があるけれど、ヒューレン博士が、「私は”愛しています”だけを
言います。なぜなら他の3つの言葉の意味も含まれているからです。」と言われた意味が
腑に落ちるようになったのです。
ハートから、ただあるがままの人、自分を愛するということ。とても大切な事です。

今日、両親が食料品を持って私の職場を訪ねてくれました。
不思議なことに、私の感情の解放が進むにつれて、両親がますます私に優しくしてくれる
ように変化しているのです。これは、どういうことでしょうか!?
何はともあれ良い事でうれしいのですが、両親を許すと言う事は私にとって、とても
大事な事でした。ですから難しかったけれど、長い時間をかけて取り組んできたのですが、
今日、本当にハートからこの人達を許している、ということが何となく確認できて
喜びひとしおなんです。

~許しが唯一の正気の反応である~ 「愛への帰還」 マリアン=ウイリアムソン著

皆さんにも安らぎが訪れますようにお祈りしています。

病気からの回復のために必要なこと

統合失調症と共に歩む会のメルマガで最近、人間関係についてのノウハウを
伝授している黒田さんという方の教材が紹介されますが、やはり病気は薬では
緩和することはできても治癒することは出来ない!
フラワーエッセンスやホメオパシー、各種ヒーリング、または信頼できる方による
精神分析、そして感情の解放などを駆使して治していくのが正しい治癒への道なのでは
と思います。人間関係を正すのもその方法の中の一つだと思います。
以下はメルマガの文章です。
****************************************************************************

体験者様の声をお聞きください。

もっと早くやっていれば良かった



どの職場に行ってもどうしても人間関係が上手くいかずに、とても悩んでいました。
黒田先生にカウンセリングを教えて頂き、半信半疑ながら実践してみたところ、
体が重くなり、次に軽くなる・・・という不思議な感覚を味わいました。
まるで今まで引っかかっていたものが無くなったように、気持ちが軽くなり、
不思議と感じ方や考え方も変わり、今では人間関係の煩わしさなど全く感じなくなりました。
更に、仕事でも不思議と好成績をあげられるようになり、良い事ばかりが続いています。
もっと早くやっていれば良かったと、心から思っています。
本当にありがとうございました。

群馬県在住 34歳 男性 K・S様



やっと自分らしくなれました



元々は明るく、人間関係に対してそこまで悩んだ事もなかったような私でしたが、
ある事件がきっかけで、人との関わり方が苦手になってしまいました。
その後は、家族とぐらいしか心が許せなくなり、接客業である今の職場に嫌気すら
さしていました。黒田先生との出会いがなければ、今の自分は取り戻せなかったと思います。
これからも、セルフカウンセリングを続け、
更に充実した日々を過ごせるように尽くしたいと思います。
やっと自分らしくなれた事に本当に感謝しています。

東京都在住 28歳 男性 S・K様



全ての色が明るくなったように感じました。



始めは、何が自分の気持ちをここまで落ち込ませていたのかよく分かりませんでした。
セルフカウンセリングで、私にとって人間関係が悩みだったと痛感しました。
いつももやもやとしていて、せっかくの休日も家に引きこもる日々が続き、
食欲もなくなり、何もかもがつまらなく、無関心になっていっていました。
このままではいけないと思い、黒田先生のセルフカウンセリングを始め、
数日が経ったころから気持ちが軽くなっていくのが分かりました。
今では、真っ黒だった人生や生活が、全て明るく感じ、
こうして笑っていられる事に、とても幸せを感じています。
先生のお陰で、人との付き合い方が変わり、彼氏が出来ました。
昔の私には考えられない事です。いつか子供が出来たら
先生のお言葉を胸に、接していけるようになりたいと思っています。

埼玉県在住 26歳 女性 A・Y様


あなたも人間関係でもう悩まなくなる理由をこれからお話しします。

このトレーニングは、現在までに1800名の方に実践して頂き、
8割以上の方が効果を得られた効果的な方法です。

では、一体この人達は何をしたのか?

今からその秘密を包み隠さずお話しします。


始めまして、カウンセラーの黒田めぐみです。


私は11年前からカウンセラーとして活動を始め、

様々な方の心のお悩みを解決して参りました。

セミナーや講習会などでも幅広く活動しておりますので、
もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかも知れませんね。

私がこのサイトを立ち上げた理由はとても簡単です。

“人間関係”で悩まれている方があまりにも多いから。

そして、その人たちに“人間関係”の悩みを解消して頂き、
本当の自分を取り戻して、幸せな日々を送って頂くためです。




もう人間関係で悩まない!変われる自分を今すぐ実感!

http://www.infotop.jp/click.php?aid=104341&iid=44314



ご意見、ご質問などございましたら下記までお気軽に
ご連絡お願い申し上げます。         感謝


お問い合わせ
 
【統合失調症と共に歩む会】
****************************************************************************

昨日も「女警部ジュリー=レスコー」を見ました。
人間関係の宝箱のようなドラマです。
皆さん、一緒に治癒への道を進んでいきましょう。

4つの質問で人生が変わる!?

知る人ぞ知る本で、「ザ・ワーク 人生を変える4つの質問」というのがあります。
著者はバイロン=ケイティ。ご本人はある時期、悩み、苦しみを抱えて精神病棟に
入院していた時期があり、ある日突然、その悩み、苦しみが無くなっているのに気付き、
退院後、この4つの質問を作ったのでした。

★悩みは思い込みに過ぎません。シンプルな質問があなたを”真実”に導きます★
私達は思い込み、無意識の潜在的確信によって、怒り、妄想、絶望、悩み、苦悩、痛み、
嫉妬、悲しみ、不安、ストレスなどを作り出しているのだそうです。

ワークシートの質問に従って、あなたが生活の中でストレスを感じている状況についての
自分の意見、許せない人、腹の立つ人、憎たらしい人、嫌な人、嫌いな人、
そういう人達に対する怒り、憎しみ、悲しみなどを思いつくままに書いていって下さい。

①あなたを怒らせたり、悲しませたり、失望させたりするのは誰か?
 どんなところが気に入らないか?
②その人にどうように変わって欲しいか?何をして欲しいか?
③その人が、したり、考えたり、感じたりすべきこと、あるいは、すべきでないことは何か?
④あなたはその人から何を必要としているのか?あなたを幸せにするためには、その人は
 あなたに何を与えたりしてあげる必要があるか?
⑤あなたはその人について、どう思うのか?
⑥あなたが、その人やその状況について二度としたくない事は何か?

その後、自分に問いかけます。
①それは本当ですか?
②あなたはそれが本当だと確信していますか?
③そう考える時、あなたはどう反応しますか?
④その状況がなければ、あなたはどんな人になりますか?

私の場合、動かしがたい事実としての激しい怒りの感情があったので、そしてそれは
根拠があるものだったので、多分4つの質問にはこう答えると思います。

①それは本当です!
②本当だと確信しています。
③感情の解放も終わったし許す事を選ぶから、過去のこととして特にもうその問題には
 こだわりません。
④私は、満ち足りた人になります。

人にはそれぞれいろんな歴史があるのだから、いろんな答え方があるでしょう。
丁度、ヨガナンダさんも先日サイトで、この4つの質問の本を紹介されていてシンクロを
感じました。そして、とても含蓄の深い本の言葉を抜粋されていました。

苦しみの原因となるものは、考え方そのものではなく、
考えに対する執着です。


とても参考になります。ヨガナンダさん。ありがとうございました。

薬の過剰摂取を懸念する統合失調症と共に歩む会

今日メールで本当に私達統合失調症患者にとっては深刻な問題があると
統合失調症と共に歩む会の方が情報をくれました。
以前からささやかれている薬の過剰処方の弊害についてです。
以下の文章です。
******************************************************************
こんにちは。

精神科の薬物療法のありかたについて
最近マスコミも取り上げるようになってきました。
NHKニュースでも下記の内容が報道されました。


向精神薬 過剰処方防止対策へ
2010/09/10

NHKニュース
自殺した人の中に精神疾患の治療で処方された向精神薬を過剰に服用していた
ケースが多いことから、厚生労働省は、不適切な処方がないか実態調査を行うとともに、
薬剤師にも協力を求めて過剰な処方を防ぐ対策に乗り出す方針を決めました。

この方針は、自殺やうつ病の対策を検討する厚生労働省のプロジェクトチームが、
9日、明らかにしたものです。それによりますと、自殺した人の中には、
精神疾患の治療で医師から多くの種類の向精神薬を処方され、過剰に服用していた
ケースが少なくないとして、全国およそ30万件のレセプト=診療報酬明細書を
チェックして向精神薬の不適切な処方について実態を調査するということです。
また、医師が作成した処方せんに従って薬を販売する薬剤師にも協力を求めて、
処方された薬が適量かどうかチェックしてもらう仕組みを作り、過剰な処方を防ぐ
対策に乗り出すことになりました。ただ、向精神薬の処方を不用意に規制すると
患者を精神医療から遠ざけてしまうおそれもあるとして、プロジェクトチームは、
処方の規制そのものには慎重な姿勢を示しています。厚生労働省は
「日本では外国よりも多くの種類の薬が患者に投与されているという指摘があり、
向精神薬の適正な処方を促していきたい」と話しています。

以上。

それではどうぞお身体ご自愛下さい。
********************************************************************

食生活を正すことにより薬を減薬していき、その後断薬まで持っていける、という
会の方の意見は私もその栄養法を実践しているので実感できます。
今私はセロクエル(向精神薬)の量を半分に減らしています。

「薬に頼らずに改善する方法」の冊子の購入はこちらから↓

ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート

商品検索のボックスに、”統合失調症と共に歩む会”と入れて検索すると
商品が出てきます。

皆さん必要最低限の薬で済ませたいものですよね。この会のスタッフの皆さんは
患者の心の健康をとても最重要視されているのが、よくわかります。
薬の副作用については面倒がらずに、その都度主治医に話をしましょう。
カウンセリングの時間を大切に考えましょう。





怒りの感情を解放するということ

先月20日に、東京のヒーラーである佐藤さんご夫妻の無料ブロック解放ワークの2回目を
受けました。今回は、「親、家族のブロック」を解放してもらったのですが、
好転反応として出てきた私の抑え込まれていた感情は、相当ひどいものでした。
私は小さい頃は特に、母親に所有物のように好き勝手に扱われて、きちんとした
親の愛情をもらうこともなく、毎日狂おしい気分で過ごしていました。
その時の狂気のようなものが、翌日私を一日中苦しめました。
私の長年の心身の不調和の原因がよく理解できましたが、その翌日はどうだったかというと、
20代前半に高い料金を支払い、精神分析を受けた時のことが頭に浮かびました。

その精神分析の先生は、私の母親の事をものの見事に明確に描写してくれました。
一つは、とても厳しい母であるということ。
二つ目は、母がくれる愛情は通常の親の無条件の愛情ではなくて、条件付きの愛情だと
いうこと。
そして、私の頭の中には大好きな母と、大嫌いな母の二人の母が存在しているということ。
そのような本物の愛情を知らない混乱した関係が原因で、統合失調症を発症したということが
くっきりと浮かびあがりました。
それから何か新しいストレスが加わると再発を繰り返していたようです。

家族に対しての激しい怒りの感情が、ここ1週間ほど表面化してきて、
それはそれは恐ろしいほどです。以前は自分で、”あまり好ましくない傾向のもの”として
否定したり、ごまかしたり、無視してきたりした感情ですが、今回はきっちりと正面から
受容しようと思いました。だってそういう感情があるのは紛れもない事実なんですから。
そしてウニヒピリの気の済むまで解放し続けようと思いました。
とことん解放すると決めてから3日目ですが、だいぶん気持ちが落ち着いてきました。
嵐が過ぎ去ろうとしているのかもしれません。
あぁ、それにしても何という大変さなんだろう!
別の家族のもとに生まれたかった!(笑)

とかなんとか言っていても一度はホオポノポノでクリーニングしているお陰か、
解放モード以外の時は、普通通りに毎日電話で母や父と楽しく話をしています。
解放とは面白い状態ですね。解放の翌日は意外にすっきりして目覚めが良かったりして
なかなかいいものですよ!
皆さんも怖がらずにトライしてみませんか?過去の感情の解放に。
プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。