スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんな改善が!

エビリファイを飲むようになってから、いいことばかりですが、もうひとつ
とっておきのいい事が!なんと、両手をこすり合わせる癖がなくなったのです!
だから、とても楽になりました。
先生に言わせると、あれはアカシジアではなくて、心の中の焦りがしぐさとして
出ていたのだということ。つくづく人間の心と体って複雑なものだなぁ、と思いました。

今日も仕事。犬のシャンプー、ドライヤーが上達しますように。
最近、仕事もとても充実しているのです。
人間関係では、ややこしい時もありますが、楽しい面だけに焦点を合わせて
長く続けていければ、と思っています。
スポンサーサイト

プロテインを買いました

久しぶりに統合失調症と共に歩む会の冊子を開き、だんだんいい加減になってきた食生活を
立て直さなければ、と思い、不足しがちなたんぱく質の摂取のためにプロテインの粉末を
薬局で買いました。高かった…。でも自分の体と心のためだから…。

食は即、体に影響を及ぼします。勿論、心にも。
一人暮らしの人は、特に気をつけて栄養のことも考えなければなりません。
落ち込む気分に比例して、だんだん食事が簡単なものになったり、コンビニで買ったり。
更に生保の生活なので、節約のことが頭をよぎったりすると本当に食事が簡単なものに
なってしまう。母は、「食事を節約したらだめだよ!」といつも言います。確かにその通りです。

今日から、食事には人一倍気をつけよう!と思います。
だから食料品の買い物が増えました。それを新鮮なうちに適量きちんと食べるのです。

食生活を正すのも勿論ですが、薬の為に増えてしまった体重は努力することによって減るのでしょうか?
昨日電話でIさんとその話をして、二人でため息をついていました。私はセロクエルで太りました。
Iさんはジプリキサで太りました。どちらも血糖値に作用する薬です。私もIさんも感じている事
ですが、薬を服用した後に急激に強い食欲亢進が表れるのです。
私は寝る前にセロクエルを飲むのですが、時々、その後、信じられないほどの量の御菓子を、
もうろうとした意識のうちに食べていることがあります。
翌日、テーブルの上を見て、空の袋が置いてあるので気づくのです!

主治医の先生に、エビリファイは血糖値に作用しますか?と聞いたら、
「いや、しないよ。」と言うので安心していましたが、昨日副作用を調べてみたら、
高血糖と低血糖と書いてあり、おまけに体重増加とも書いてありました。

はぁ~…。

私とIさんの体重増加との戦いは、まだまだ続くようです。
ちなみに今日買ったプロテインは、ダイエット効果もあるようです。
少し期待しています。

薬に頼らない統合失調症克服法、という冊子が欲しい場合は下記のバナーから購入できます。
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート

商品検索ボックスに、統合失調症と共に歩む会、と入れて検索すると、
商品が出てきます。
冊子には、精神疾患の者は、たんぱく質を沢山摂る必要がある理由が書いてあります。
とてもためになる冊子です。価格は5000円くらいだったと思います。
スタッフの石川さんと長根山さんは、分子整合医学栄養療法の可能性を研究していらっしゃいます。
この食事療法によって統合失調症は改善されるのだそうです。

欧米では一般的な考え方だそうで、私も再び生活に取り入れて、頑張ってみようと思います。

法華経の功徳

5日前からエビリファイを服用しているのは、ブログの記事に沢山書いたので、皆さん
御存じだと思いますが、この薬に関しては強烈な副作用しか記憶にありませんでした。
主治医の先生が、再度、このエビリファイの服用を勧めた時、私は頑なに拒否していました。
すると先生が、「その時々の状態によって、副作用は出たり出なかったりするんだよ。
大体その服用していた時期はいつなの?」と聞くので、3,4年前です、と答えると
先生は、「そんなに前のこと?今度は副作用は出ないかもしれないよ。」と言いました。
私は信頼している先生が、最近ずっと熱心にエビリファイを勧めるので、思いきって
再度服用に挑戦しようと思いました。その結果、副作用はなしで、昼間の憂鬱と虚無感が
無くなりました。

3,4年前に服用した時には強烈な副作用があったのに、不思議でたまりません。
でも本当に良かった。

もしかしたら最近、創価学会に入会して、お祈りをしていたので、その効果が表れたのかな、とも
思っています。同じように父の事もお祈りしていたのですが、父も抗がん剤の副作用が全く出ません。
法華経の功徳は大変なものです。よく病気が回復する人の話も聞きます。

病気からの回復を願う人が必ず回復するとは限らないとは思いますが、とにかく心の平安は
得られるようです。

創価学会の人達は、いつも他人のことを考えて思いやってくれます。
そのお陰で孤独感は無くなりました。同苦してくれる友がいるからです。

聖教新聞も取っていますが、配達してくれる方が、私が新入会なのだとわかると、
御書の内容を抜粋した冊子や、今年の池田先生の詩などを教えて下さったり
とにかく親切にして頂いています。その方は御主人を亡くし、御子さんは願い通りに
医師の道を選んで、日々奮闘しているそうです。私のアパートの近くの団地に
一人で住んでいらっしゃいます。彼女は会うといつも、すがすがしい目をしています。

私も彼女のようになりたい。

彼女が最近私の為に作ってくれた冊子には、先生の詩が書いてあります。
題名は、「希望は人生の宝なり」というものです。最初、このタイトルを読んだ時に、
私は少し落ち込みました。なぜなら、私には、”希望”がなかったからです。
だから3ページほどの冊子なのに、精神的に辛かったのか、読み終えるまでに
1週間もかかってしまいました。そして読むたびに落ち込むのです。

今日はその冊子に、もう一度目を通そうと思います。

エビリファイの効果

統合失調症には、陽性症状と陰性症状があり、安定剤のほとんどは
陽性症状を落ち着かせる働きがあります。問題は陰性症状です。
陰性症状は鬱の様な症状で、これまでそれに働きかける安定剤は
ありませんでした。

エビリファイは、この二つの症状に同時に働きかけるという特徴を
持っています。お陰で、私は今、昼間辛い気持ちで暮らすことがなくなりつつ
あります。

私には働いている時以外の時間、陰性症状があらわれていました。とても
辛かったです。それがたった一錠のエビリファイで救われました。
最近、新しい薬が次々と発売されて、私達統合失調症の患者は助かっています。

もう昼間に寝る前の薬を飲んで眠ることもないでしょう。

今日は創価学会の集まりがあります。
久しぶりにみんなの顔を見られるので楽しみです。
創価学会の仲間はみんな、とても心根が良く元気です。
Kさんは娘さんが小学校の卒業式です。
私の娘が小学校を卒業する時は、東京まで行ったことを思い出しました。
主人が仕事が忙しく会社を休めなかったから代わりに呼ばれたのです。

その娘も今年成人となりました。時の流れるのは早いですね。
娘にエビリファイを飲んで元気になった私を見てほしいです。

みるみる変わる薬の処方

最近、主治医の先生が私の薬の量をどんどん減らしていっています。
私も慎重に自分の体調や心理面の変化などを観察しています。だって
減薬は危険を伴うからです。

おとといは、朝からエビリファイ12㎎が追加されました。そして現在服用している
セロクエルをなくし、デポ剤のフルデカシンを半分の量にするのだそうです。

エビリファイについては3年ほど前に9㎎を朝から一錠飲んだら、ひどいアカシジアが
出て、心理面でもそわそわしてしまい、部屋の中をうろうろとしてしまう、という
症状が出たので、怖くて、ずっと先生に薬の変更を拒否し続けていました。

でも今回は念の為に仕事を一週間休んで様子を見ているけれど、今のところ、
何も副作用は出ていません。だからとてもホッとしています。
3年前のあの症状は何だったのでしょうか?

エビリファイを服用するようになってから、昼間の鬱状態がなくなりました。
セロクエルだけを飲んでいた時は、昼間に意識があるのが苦痛で、寝る前の薬を
飲んで昼間に寝たりしていました。寝ている間は意識がないから、その方がいいと思い、
めちゃくちゃな飲み方をしていたのです。

先生は、私が昼間、鬱状態になったり無気力になったりするのを助けたい一心で
エビリファイを選んだのでしょう。今、効果てきめんです。
先生には感謝しています。
先生、いつもありがとうございます。

いろんな思い出

昨日から、娘との和やかな体験を思い出しています。
小学校4年だった娘が私をおんぶしたい、と言ってせがんで、私は私で娘の背中に自分の
体重をまかせるのが怖くてモタモタした経験があるのです。楽しかったです。

そして私が幼稚園児だった時に母が体育会で走ってくれたのを思い出します。
母はとても足が速く、でも途中で大きく転んでしまいビリでした。頼もしい母でした。

今日は賢者の言葉で、意味深いことが書いてあったのでそれをご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日の言葉 
────────────────────────────────────

究極的な目標は何かというと、
たとえば怒り、寂しさ、絶望といった
あらゆる経験がそのエネルギー共に
浮上してくるままにすることです。

               ---ラリー・ローゼンバーク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 解説
────────────────────────────────────

私たちの感情は常に動き、
常に形を変える波のようなものです。

こうした意識状態には多くのエネルギーが内在していて、
これらのを抑圧するために、多くの時間を使っています。

そして、封じ込められ行き場を失った感情は、
やがて現実に染みだし、現象を作り上げます。

私たちに必要な学びとは、これらの、
怒り、寂しさ、絶望といったものの出現を許し、
これらが健全に発散されることを促すことです。

そうすることで、
より良い、現実を生きることに繋がります。

────────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
辛い過去のことはよく思い出します。
その度に、辛い思いをします。
でも時々、楽しかったことも思い出します。
それらは楽しく、特に母親として生きた時の思い出は、思い出すのも誇らしく、
私の自信喪失を癒してくれます。

もっと楽しかった時のことを思い出したい。今日はいい日です。でも少し切ないです。
今離れて暮らしている娘に、ありがとう。いつも愛しているよ。


ほのぼのとした時間

昨日は朝から東京にいる娘と電話で話をしました。
無料通話なので心おきなく話が出来ました。
娘は9時頃、まだ寝ていました。「う~ん、なに?」と眠そうな声。
娘は今年大学3年生です。もうすぐ就活が始まるのです。だからアルバイト以外の
時間は遊びの時間を必ず入れるとのこと。遊べるうちに遊んでいないとね。
昨日は、夜からアルバイトなので、昼間は友達と映画を観に行く予定だったようです。
その映画のタイトルは、「アフロ田中」。
なんだそれ?(笑)
コメディなんだそうです。

娘と話をすると落ち着きます。マイペースで人生を楽しんでいる感じがするからです。
そして、「いいことだ。いいことだ。」と心から思うのです。
会えないことは寂しいけれど、しっかり心が繋がっていると思うと安心もします。
安らぎを与えてくれる娘に、ありがとう。愛しています。

両親のありがたさ

昨日は朝から病院で診察でした。
朝、母から電話があって昼にスーパーで待ち合わせをして、その足で私のアパートに
遊びに来るというのです。私は嬉しくなりました。
朝から病院の診察の待ち時間は2時間半。それだけでだいぶ疲れてしまいました。
土曜日は主治医の先生は回診を済ませてから診察に入るので仕方がないのですが、
さすがに今日はうんざりしてしまいました。

アパートに帰りつくと、少し眠りました。頭の切り替えをしたかったからです。
それから両親と会う為にスーパーに行きました。
両親は最近、野菜中心の食事にしているとのこと。父の食事療法なのだそうです。
牛、豚、鳥の肉は避けて、魚中心にして、あとは野菜を沢山、特に、果物ではレモンが
いいそうです。父は回復するための気持ちが強く、レモンを沢山摂りたいと言っていました。
私も沢山いろいろ買いました。すぐに無くなってしまうコーヒーとか黒砂糖とか。
あとは保存できる肉類と野菜。代金は両親が払ってくれました。

沢山の食材をそれぞれ持って、タクシーで私のアパートに向かいました。
最近は心理的に少し不調で部屋は散らかっていましたが、優しい両親は、特に何も言わず、
そんな散らかった部屋を見て見ぬふりをして、そしてしばらく楽しく話をしました。
私は母に、薬のせいか甘い自販機で買うジュースの量が最近とみに増えていることを相談
しました。すると母が、「朝から冷たいジュースを飲まないで、自分で暖かい紅茶をいれて
少しずつ味わって飲むといいのでは」と言っていました。
今、それを実行していますが、なかなか効果があるようです。なによりもお金の節約になります。
糖尿病も心配だったので、朝の暖かい自分でつくった紅茶の習慣を続けようと思いました。

両親が来てくれたので、とてもうれしくて話し声が少し大きくなったせいか、隣の住人が
ドンドン!と壁をたたきました。最近、隣の部屋に入ってきた人です。少し変わった人で
みんなで注意をしながら暮らしています。トラブルと大変なので…。
両親が心配してくれました。なにしろ問題を抱えている人で、先日は夜中に誰もいないのに、
「おい!おまえ!こっちに来い!」などと怒鳴り散らして騒いでいました。
それからみんなアパートの住人は彼のことを怖がっているのです。
私もなるべく顔を合わせない様に気をつけています。

母がアパートに来ると、ぐんと生活感が上がります。母は本当に現実的な人で安定しています。
父も手術後に喉が乾きやすくなっているようで、私の入れた御茶を飲みながら、いろいろ
話をしてくれました。昨日は本当に親のありがたさが身にしみた一日でした。

帰る時に、私が苦労しているからと、母は自分たちのために買った、はまちの御刺身を
分けてくれました。本当に優しい母です。そして、「食べ物を節約しちゃだめだよ」と
アドバイスしてくれました。私の最近の食生活は太ったせいで、何となく意識しているせいか
食べる量が減っているようでした。昨夜、夢を見ました。
夢の中で自分で食事の量が減っているということに気づき、追加の食事を母と一緒に
作っているのです。ごま油を使った料理でした。
朝起きてから考えてみるとその通りだと感じました。私は早速ご飯をたっぷりと食べました。
それから野菜の御浸しも食べました。母が食事は節約しちゃだめだよ!と言っているようでした。

おかあさん、ありがとう。
それから、癌になっても私のことを心配してくれるお父さん、ありがとう。
愛しています。

ホメオパシーと精神疾患

先日ホメオパシーの診断を受けてきました。
先生はとても信頼できる先生で、安心して自分の近況を話しました。
最近気になることと言えば、随分前に別れた最愛の人のことをいまだに
忘れられずに苦しい思いをしていること。
子どもも一緒でいいから、自分のところに来ないか、と言われた時に、
すぐに行動に移せなかったことへの後悔の念が時々私を襲ってくる、ということ。

機械で様子を見ながら診断を受けていると、よほどその先生と相性がいいのか、
ゆったりと落ち着いた気分になってきました。この人は自分のことを完全に理解
してくれているという安心感。

しばらくして先生が脳疲労している、と機械に出ているよ、と言いました。
多分、後悔の念で疲れていたのでしょう。それと創価学会の勉強のしすぎです。
脳疲労って、どうしたら治るのでしょうか?好きなことをしばらく続けたらいいのかな。

そして先生がいいました。どうにもならない過去のことが頭の中で空転し始めたら、
立ちあがって歌を歌うとか、ダンスをするとか、散歩に出るとかするといいと機械に
出ていると。ようするに頭の中を切り替えるといいと言う事だと思います。
なかなか私には難しいことです。でもその方がいいのなら実行しようと思います。

今日は仕事休みです。
朝から好きにして寝たり、テレビを見たりしてのんびりとしています。
脳疲労を取りたいからです。今日は夕方遅くから創価学会の会合があります。
久本雅美さんの体験談が中継されるそうです。
その時まで、創価学会の関係のものは一切読まずに、のんびりしようと思います。

よほど精神的に疲れているのか、時々、創価学会の感じにうんざりしてしまう時があります。
いつもいつも元気に、なんて。戦い抜くとか、勝ち抜くとか…。
少し休みたい。

たった今、ケーブルテレビで「ウィーン警察 刑事犬REX」のシーズン1の第一話を見ました。
私はREXが大好きで、いつも欠かさず見ています。特に主人公のモーサー警部が
私の最愛の人と面影が重なるからです。今日はテレビを見ながら、もしかしたら
もう見ない方がいいのかなぁ、と思いました。新しいREXには、別のアレックスという
主人公が出るので問題はありませんが、結局、最愛の人の思い出から逃げ切れません。
なんで何度も見ている第一話をまた見たのか?
ホメオパシーの先生がいうには、最愛の人の思い出は甘いから、思い出に浸ることになるのだと
いうことでした。甘い思い出。そう。本当にその通りです。
また頭を疲れさせてしまったかしら。でも番組を見て少し満足しています。
不思議ですね。

また明日から仕事。仕事を頑張って過去のことを清算しようと思います。
清算もなにも、もう完全に終わっている恋愛なんですけどね(笑)
私が言いたいのは、心と頭の中のバランスを取り戻したいということです。
感傷に浸って時間を過ごすよりも、もっと現実的になりたいのです。
早く今の位置から少しでも前進できるように、自分で努力しなければ。



減薬について

今日は病院で、デポ剤を投与する日でした。
先生にアカシジアのことをいうと、セロクエル100㎎が50㎎に減りました。
先生は将来はセロクエルを全部はずしてしまおうと思っている、と言いました。
うれしかったです。
セロクエルの飲み心地は嫌いではないのですが、太ってしまうので困っていました。

このところどんどん減薬が進んでいるので自分の様子に気をつけなければならないなぁ、
と思っています。減薬はややもすると危険なのです。でも先生がセロクエルを
なくしてしまおう、と言われたということは、私の状態がだいぶ落ち着いてきた、と
感じられたからでしょう。
それから先生も、いつも体重だけは一定だった私が太っていくのを見て心配されていたのだと
思います。

主治医が減薬に対して積極的な先生だったのでうれしいです。
私も先生の期待に添えるように頑張って精神の管理に努めようと思いました。
以前はセロクエル200㎎だったのに大変な進歩です。
ここまでやってきた主治医の先生には感謝しています。
とても人柄が信用できる先生です。

先生、ありがとうございます。
プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。