スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年に向けて

なんだか気が向いて、テンプレートを一新してみました。
明るい色合いが欲しくなったのです。
私はいつも淡い色調とか中間色を使うことが多いので、
母に、「ちょっと地味じゃないの?」と時々言われます。

このページのトップにある、カモマイルの花は万能ハーブで
私の一番好きなハーブの花です。
黄色がまぶしい!なんだか嬉しい!

昨日で仕事は終わり、今日から長い連休に入ります。
どうやって過ごそうかと考えると、ウキウキします。
まずは体を大事に労わろうかな。

今日は土曜日。
友人と午後にお茶でもする予定です。
ゆっくりお茶なんて、久しぶりです。
ママ友と東京で、ゆっくりと話をしながらお茶していた時を
思い出します。

ゆっくりすることに罪悪感なんていらない。
ただ好きな事をして過ごせばいい。
気持ち良く楽しく生きていければ良いのです。

新年に向けて、私は一層の体力の増進を願っています。
そのために先日は、睡眠についての本を買いました。
数時間ですぐに読んでしまいました。

タイトルは…

・脳も体もガラリと変わる!「睡眠力」を上げる方法

白川修二郎(医学博士)著
永岡書店

なんだか良さそうでしょ。
ほんとに良い本でした。

人は7時間睡眠が、最も最適な睡眠時間なのだそうです。
一番興味を持ったのは、睡眠中に
嫌な記憶は消される、という箇所。
だから何か行き詰った時は、とにかく一晩眠るといいのだそうです。

他にも睡眠の働きが沢山書いてありましたが、
とてもここでは書きこなせません。

そうそう。
昨日は仕事納めでした。
ピアサポーターの連絡会があり、皆でお菓子を持ち寄って
忘年会をしました。
楽しかった!

皆、熱い思いを語っていました。
そして、医療現場の実情についても、体制委員会に出席したピアサポーターと
市のスタッフに教えて頂きました。
なかなか最初の一歩を踏み出すのが難しい、と専門職の方々は言われていたみたい。
どうか、踏み出して下さい。
いろんな事情があって大変なのはわかりますが…。

もっと自由な形でピアサポートが出来れば、と皆思っています。
でも今出来る支援を出してみると…
これが案外難しい…

スポーツを一緒に、とか言っても、病院側が当事者を外に出す事について
かなり心配されている様子でした。それはそうですよね。わかります。
趣味や生活・暮らしの情報を共有する、というのは案外上手くいきそうでした。
今、月1の頻度で、ある病院のデイケアの方々のために、
2人のピアサポーターが情報を持って、茶話会に参加させて頂いています。
情報を伝えるだけではなく、グループワークもして…。
皆、本当にきちんと責務を果たしています。

今年もあとわずか。
なんとか無事に過ごすことが出来ました。
皆さん、ありがとうございます。

今日はほんとに寒いですね。
風邪などひかれませんように。

良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト

認知療法、認知行動療法

先週末の2日間、あの、認知療法、認知行動療法で有名な
大野裕先生の講演会が開催されました。
私の友人で、認知療法を実践していた人達は皆、
「あれは実践していて辛いよ」と言うので、
私は何となく認知療法を敬遠していました。

でも自分で経験してみない事には本当の認知療法の事はわからない!と思い、
講演会に申し込んだのでした。

実際、先生の話を聴いていると優しくて丁寧で分かり易く、
認知療法も最初に思っていたよりは簡単なようでした。
心理的に追い詰められてくるような、いわゆる破壊力を感じるまでには
経験が浅いけれど、自分の考え方のくせとか、感じ方のくせとかについて、
冷静に客観的に分析していく方法は、意外に私に合っているようでした。

認知療法の詳細については、ここでは書けませんが、
講演会に来た人達は多く、また今現在、実践している人達も多いようでした。
最後の質疑応答の時に、現在、実践している人らしい質問が多かったのも
印象的でした。

そんなにポピュラーな療法だったのか…。知らなかった。
よく聞くけれどもホントに知らなかった。少し損した気分(笑)。
自分でいろんなケースを当てはめて、実践してみることにしました。

実は今日も早速、母との感情的なやりとりに対して、ちょっと
応用してみました。効果は絶大でした。
私がいかに感情的になっている時に、物事が全く見えなくなるのかが
分かり、かなりびっくりしました。そして、この機会に
これ以上、同じ感情的なチグハグな反応を繰り返すことのない様に
気をつけようと固く思いました。

母が私に伝えたかったこと。
それは本当に大事なことだったのですが、
その後の、何気ない母の古い価値観が私を感情的にして、
私は母から何も学ばないで怒り続けるところでした。

本当によくわかってくると馬鹿らしいことを続けていたのだなぁ…と
思うのでした。
とても時間を無駄にしていた感じです。

大事な療法を学んだからには、きちんと生活に応用して
もっと以前よりも有意義な時間を過ごさなければ…。

大野先生、どうもありがとうございます!

父の49日

明日は父の49日です。
今日から、娘が3日間泊まりがけで来てくれます。
49日か…。まだ、それくらいしか時間が経っていなかったんだな…。

忌引きをもらって、その後久しぶりに職場に復帰した時に、
所長が、「お父様の闘病生活、長かったんでしょう?」と
優しく声をかけて下さいました。

でも私としては父が入院してから、あっという間に亡くなった
と感じていたので、返す言葉も見つからずに黙りこんでしまいました。
でも所長の言われた通り、実際は、ステージ4の時に手術を受けてから、
2年半、父は生きていたのです。ですから確かに長い闘病生活だったのです。

父はぎりぎりの状態まで自宅で療養していたので、入院生活も短くて
全ての不自然な処置を拒否したので、本当にあっという間に
亡くなってしまったのでした。

父はガンという病気と闘いながらも、決して鬱の状態にもならず、
ぎりぎりの状態まで、テレビを楽しく観ながら過ごしていたので、
入院してすぐに亡くなった時には、私もその事実をきちんと
受け入れることが出来なかったみたいです。

職場の所長には、何も言わずに失礼なことをしてしまったのですが、
黙り込んでしまうしかなかったのです。
だって本当に、あっという間のことだったから…。

父が生きていた時に、もっと在宅看護のお手伝いをしていればよかった。
亡くなってからでは遅いのです。
もっと頻繁に会いに行けばよかった。
母にばかり看護を任せずに、お手伝いをしたかった。
でも気付いた時には遅かったのです。

父が入院してからも、余命3,4カ月と言われていたので、
まだ会える日はあるから…などという甘い考えのもとに
行動していたような気がする。
また悪い事に、その頃仕事でとても疲れていたのです。

今日は娘が東京から、49日に出るために来てくれます。
会うのが楽しみです。
今日は、娘と父の事を話ながら過ごそうと思います。

母は、父の死後、上手に時間を過ごしているようです。
父の遺品を整理したり、服を人にあげたりして
どんどん部屋の中を整理しています。
出来るだけ外出して、お腹をすかして食事をきちんと摂れるように
一人の生活を工夫しているようです。
そんな母を、私はとても尊敬しています。

私も、これから新たな気持ちで生活していきたい。


カーブス健康体操教室を退会する?!

最近の私は、仕事が終わるとアパートにまっすぐ帰り、身体の疲れを
取るために、じっとしてテレビを観たり、横になったりして過ごしていました。
でも、どんなに休んでも身体の疲れは取れず、ますます身体が疲れていく…
という状態でした。

そういうわけで、定期的にカーブス健康体操教室にも通えずに、
ただ月謝だけ納めている状態だったので、お金の節約のためにも
カーブス健康体操教室を退会しようと決心したのでした。

昨日、退会の手続きのために、ほんとに久しぶりに教室を訪ねました。
皆さん元気よく、最新の音楽に合わせて筋トレをしていらっしゃいました。
それを見て、わたしは、やはり辞めたくない!と思ったのでした。

そんな私の気持ちを察したのか、スタッフの方が、
今日は試しに1周だけでもマシーンの運動をしてみませんか?と誘って
くれました。

私は喜んで体操を久しぶりに体験したのでした。
身体を動かす前には痛かった首と肩と背中の痛みが、
あっと言う間になくなっていきました。

私はその変化に驚いて、すぐその場で、
「やっぱり続けようと思います」と返事をしました。

週に1回か2回通えればいいのです。
私の今の身体の疲れは、多分心の疲れから来ているものなのです。
だからアパートでいくら休んでも疲れが増すばかりだったのです。

心の疲れには運動が一番効果があるのだそうです。
私、相当、疲れを感じていたんだなぁ…。
これからはカーブス健康体操教室で体力をつけて、無理なく
仕事ができたらいいな、と思います。

身体を動かすことを何もしないで、だんだん弱っていくのは嫌です。
今のうちから身体の基礎作りをして、健康なおばあちゃんになりたいです。

カーブス健康体操教室に出会えてよかった!
ありがとう!

懐かしい風景

昨日、いつものようにフランスのロングヒットドラマ、
「女警部ジュリー・レスコー」を観ていたら、
懐かしい水辺の風景が出てきました。

私はジュネーブに住んでいたのですが、その近くに
アネシーという水辺の小さな町がありました。
そこはフランス領なのですが、夏は沢山の人で賑わっていました。

スイスやフランスでは時間の経過がとてもゆっくりとしたものです。
特にアネシーのような避暑地では、のんびりと食事に時間をかけたり、
本を読んで過ごしたりと、みんな思い思いに過ごしています。
スイスに住んで、一番びっくりしたのは、土日にデパートやスーパーが
お休みだということでした。

いつでも好きな時に好きなものが買える日本とは全く違うスイスの文化。
テレビがないご家庭も沢山ありました。
子供達は、そのようなゆっくりとした生活の中で大切に情緒を育んで
いくので、純朴な子が多かったような気がします。

アネシーではよくボートに乗りました。
湖にも入って遊びました。
ひとしきり遊ぶと今度は水辺のカフェレストランでゆっくりと
おしゃべりをして…。
本当に懐かしいです。

子供が小さかったので、白鳥にえさをあげに湖に通いました。
子供は大喜びでパンくずを白鳥に与えていました。

朝から近所のスーパーではバゲットを焼いていたので、朝から
香ばしい香りが近所中に漂っていました。
焼き立てのバゲットを買うと、そこでエスプレッソを飲み一休み。
近所の人達と挨拶を交わし、また買い物をして…。

冬は町のあちこちに焼き栗の屋台がたって、子供と私はいつも
200グラムの焼き栗を買って、旧市街の階段に座って食べていました。
なんの味付けもない、素朴な焼き栗。
皮をむいてあげると子供はどんどん沢山食べてくれました。

テレビの水辺の風景からいろんな思い出深い風景が思い出されました。
何だか昔に戻りたい気分になりました。
帰国してすぐの頃、なかなか久しぶりの日本に馴染めなかったのを覚えています。
あの頃は精神的に苦しかった。

今でも苦手なのは、飲み会などの席で上司にお酒をつぐ慣習です。
その他、男性をたてるなどという考え方。
後者の考え方については最近、日本でも男女共同参画がさかんに唱えられるように
なってから変化しつつあるようですが、ホントに苦手です。

今月末には、職場の忘年会があります。
そこでまた、私は上司にお酒を勧めなければならないのでしょうか。
それを考えるだけで欠席したくなります。

さっきテレビで「和のマナー」の特集を観ましたが、
その番組のアナウンサーの方が、上司も部下も
お互いに思いやりを持ったマナーで接したいものですよね、と
言われていました。
ホントにその通りだと思いました。
関係性に思いやりが伴わなければ、ただの堅苦しいマナーで
終わってしまうから。

上司とは、何なのでしょう?
それほど沢山敬わなければいけないのでしょうか?
日本での上司と部下の関係と、ヨーロッパのそれとは少し違います。
もう少しばかり対等になれないものでしょうか。

それにしても
スイスに帰りたい…。











「ありがとう」の持つ力

今朝、聖教新聞を読んでいて、ハッとする記事が紹介されていました。
一部をそのまま載せることにします。

*******************
彼女の両手の指は1本ずつしかない。
幼い頃から「手なし」といじめられた。
隣家のおばさんが抱きかかえて言った。
「悪口を言う人はが、あなたの悪いところをみな持って行ってくれるのよ」。
素直にそう思えた彼女は泣きながらも、いじめっこに「ありがとう」と言った。
こう振り返る。
「『ありがとう』と返した言葉に、私自身が支えられていたように思えてならない」
「自分の障がいを憎むことも、苦しみです。一人ぼっちも、苦しみです。そうした
苦しみを乗り越える力が『ありがとう』にはあります」。

人はかくも強くなれるのか、と教えてくれる。
彼女は、福祉相談員を20年以上勤め、多くの人に生きる力を送る。
********************

少し身につまされるところのあるこの記事。
何回も読み返してしまいました。

今日のこの記事に出会えたことに、ありがとう!
プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。