スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話を聴くということの重要性

私達は孤独です。とくに障害者は…。

それで私達は、いつもどのくらいの人に話を聴いてもらっているのでしょうか?
その疑問点と、聴くということの本来の姿が書き込まれているメルマガが
届いたので、ここにご紹介です。
以下の文章です。
*************************************

ところで、私達は、毎日どのくらい、
人の話を聴いているでしょうか?
また、聴いてもらっているでしょうか?

確かに話を聴いたり、
聴いてもらったりしていますが、
本当に、自分の言いたいことを、
聴いてもらったり、
相手の為に話を聴いている時間は、
案外少ないのではないでしょうか?

話を聴いてもらいたい人が、
聴いてもらえたと感じたときには、
次のような効果があらわれます。

「カタルシス効果」
話すことにより、
話し手自身が、スッキリした気分になります。

「バデイ効果」
バデイとは仲間のことです。
聴いてもらうことで、双方に共感が生まれ、
信頼や安心が、形成されるのです。

「アウェアネス効果」
話すことで、話し手の中に、
様々な気づきが生まれてきます。

私達は、日頃さまざまな人間関係の中で、
相手の為に助言や提案、注意や忠告、
時には指示や命令をしています。

しかし相手が一歩足を踏み出して、
自らが行動を起こすためには、
最初に、「安心感」や「信頼」を形成することが、
とても大切なのです。

しかし実際には、
相手の話しを聴くことは、結構難しいもので、
つい話しを遮ったり、早飲込みしたり、
決めつけたりしてしまいます。

私達はこれ迄の経験の中で、
頭の中に自分独自の、
評価システムを作っているので、
相手の話を、評価しながら聴きがちです。

言いかえれば相手の話を、
自分が聴きたいように、
聴いてしまうことが多いのです。

人の話を聴こうとするときには、
次の点に注意しましょう。

(1)相手に興味を持ち、意識を向け続けましょう。

(話を聞いているうちに、
自分の頭のなかに、
いろいろな考えが浮かんできたら、
ひとまず、追い出してみましょう)

(2) 話を聴くさいに、

相づちや、うなずき(ふんふん、それで…)、
共感的応答(それは大変だったね、そうなんだ)、
内容の明確化(これこれ、こういうわけなんだね)、
感情の反射(それで、怒っているんだね)等、
相手が話しやすくなるような応答をしましょう。

3つの効果を、相手が感じ始めることで、
自分も相手も、幸せになるのです。

*************************

皆で幸せになりたいですよね!この文章わかりやすいですね。
「バディ効果」などは、孤独感と闘っている障害者の皆さんには
必要なことですよね。私はそう思います。
私は、今は創価学会の方に話を聴いて頂いています。

今日は最後のキリスト教学の日。皆でカレーを食べます。
その時に、私が創価学会に入会したことを告げなければなりません。
少し緊張しています。
今からアパートを出ます。
上手く説明できますように。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。