スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄養学について

私達、精神疾患患者は、なぜか栄養の吸収が悪いらしくて、人一倍、食生活に
気をつけなければならないらしいです。私は、病気のショックが大きいと
自然とそうなるものだ、とか解釈していますが、統合失調症と共に歩む会の
石川さんや長根山さんは、精神疾患患者には低血糖の人が多いと指摘しています。
それに甘いものを食べないように指導されています。これはちょっと実践するのに
難しいとは思いますが、もっと詳しい内容は下のバナーから冊子を購入すると
わかりますよ。商品検索ボックスに、「統合失調症と共に歩む会」といれてクリックすると
商品が出てきます。

ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート

最近、私は甘いものを解禁しました。石川さんに注意されそうです。
でも美味しいものだから。甘いものというのは心に満たされない事があると
欲しがるものなんだそうです。甘味が心を安心させる働きがあるそうです。
出来る限り最小限にして食べようと思います。
そんなに私には満たされないものがあるのか…。思い当たることは沢山あります。

甘いものを食べる代わりに、食生活全体に気を使わなくては。
たんぱく質は沢山摂らなくてはならないそうで、一日にしておよそステーキ5枚分の
たんぱく質が必要なんだそうです。実際はそんなに摂れないから、豆腐を沢山食べるとか
いろいろ工夫しなくてはなりませんね。
あとサプリメントを摂るとか。
私はサプリメントは摂っています。ビタミン・ミネラルと亜鉛と鉄分です。

食生活を整えるということは精神疾患患者にとっては難しい面もあると思います。
だってみんな一日一日必死で生きているんだから。
何か口に入れただけで精一杯ですよね。
みんなコンビニでよく食べ物を買うようですが、あの美味しいコンビニの食事は
全然体のためにならないらしいです。それだけ力がない食べ物というか。

自分で食事を作れない人の場合は、例えば、私の地域の地域生活支援センターでは
毎週土曜日に300円を出して予約しておくと、スタッフの方の手づくりの美味しい
栄養バランスのとれた食事が食べられます。
他の皆さんの地域生活支援センターは、どんな取り組みをしているのでしょうか。
私も時々、申し込みますが300円で、「えっ!こんなに?」というくらいの内容です。
男性は特に食欲があるので、ご飯はおかわり自由です。

私の地域の地域生活支援センターの施設長は年は若いのですが、私達が何に一番困っているのかが
よくわかる人です。頼りにしています。

地域生活支援センターのスタッフの方、いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。