スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと褒めて下さい!

私達障害者は、スタッフの人から子供のように扱われ、めったに褒められることは
ありません。発病しただけでショックのせいで、自分のいい部分など忘れてしまう。
発病すれば家族からいろんなネガティブなことを言われる。

このネクストリーダーのメルマガには、とても素敵な学校の担任の先生の話しが
出ています。

http://www.nextleader.jp/4141/

障害者になってしまった今、私達に必要な作業はこんなことではないでしょうか。
自分のいい所を探す。そしてメモにして持っておく。
それも自分で書くんじゃなくて、複数で集まって書く。

できれば障害者になる前にこんなことがあったらどんなにいいでしょうか。
障害者になると、どんなにいいことを言われても信じられなくなったりするし、
実感がわかなかったり。
私、そんなにいい所ないよ、という人。結構多いです。
人は案外そんな風には見ていないかもしれませんよ。必ずどこかいい所があるはずです。

私の友人のIさんも、落ち着いていて安定していて話しをよく聞いてくれるので
大好きなのですが、私がいくら彼女を褒めても、彼女は信じないのです。
障害の傷はきっと深いものなんですよね。

私も誰かにこんなメモが欲しい。そしたら気分が落ち着くだろうし、自信もつく
だろうから。発病のショックで忘れてしまった自分のいい部分を思い出し、
回復への道のりに役に立つだろうから。

そういえば今、私、創価学会の人達に、よく褒められます。あの人達は人の
いい所を引き出す方法をよく知っています。でも本当に力が出てきますよ。
気のせいとかではなく、健常だった時の自分を思い出すのです。

私達も友人がいたら、その人のいい所を引き出すように努力しましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本当ですね

人にもよると思いますが
少なくても僕は、褒められて伸びるタイプでした。

障害者になって、
たしかに作業所でしかられることのほうが多くなったような気がします。

障害者だからこそ、褒めて伸ばすことが大事だと思いますね。
プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。