スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sさん、ありがとうございました

今日は仕事休みで、アパートでゆっくりしていました。すると
Sさんからメールが。今日あたり、前から話していたラーメン屋さんに
行こうか、ということでした。

今、そのラーメン屋さんから帰ってきました。とても美味しかったです。
Sさん、ありがとうございました。

ラーメンは細麺で、こてこてのとんこつでした。付け合わせも美味しくて
あれこれ少しずつ食べました。

それにしても、素朴なSさんと話していると落ち着きます。本当に素晴らしく
自立した人なんです。Sさんは身体障害の方です。それから私の職場には、もう
一人、話していると、とても落ち着く青年がいます。そのKさんですが、
かわいそうな事にてんかんの発作が時々起こるのだそうです。さぞかし毎日
不安で大変でしょう。彼はとても頭がよく、仕事を教えてもらった時に、とても
分かり易く親切なのがわかりました。てんかんさえなければ、きっともっといい所で
働けるでしょうに。

働くようになってから、周りの皆さんの人生地図のようなものを見せて頂いている
感じがします。ひとつひとつが、かけがえのないもので、素晴らしい!
今日はSさんの障害を負ってからの話しを聞きました。貴重な体験談です。
私はそれを、自分の心の宝にしようと思いました。
あぁ、世の中にはこんな人がいるのだなぁ、というか、こんな身近にいるなんて!
これからも人生勉強していこうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

障害をもっていても

できることはあるんですよね。
外へ出て、人と知り合い関わることで人生捨てたもんじゃないなんてことも感じられるかも。
いい出会いああってよかったですね。

RE:障害をもっていても

障害者と自分で自覚してから、毎日が逆境のような気分でしたが
最近、働き始めてから、他の皆さんの苦労を知って、私なんかまだまだ
障害はひどくない。頑張らなくてはと思うようになりました。自分の境遇に
負けない心。これからもっともっと育てていかなければならないと思いました。

創価学会の池田先生が、学会の小、中、高生の未来部のみんなに残した
卒業アルバムの中の言葉があります。

「人生には、良い時もあれば、悪い時もある。良い時は良い時で、その順調に
おぼれることなく、しっかりと足元をかためていくのが、懸命な人である。悪ければ
悪いなりに、悲観したり、絶望せずに、悠々と、自分らしく、その逆境の中で、
足元をかためていくことが大事である。そこから、時とともに、必ず、明るい
季節が、到来してくるものであることを決して忘れてはならない。」

いくら創価学会に入ったからといって、いいことばかりがあるわけでもなく、
勿論、普通に苦労もしたりするのですが、その時に自分よりももっと大変な
人のことを考えると、もっとしっかりしなくては…、と思うのです。

新しい職場では、いい人達に出会って良かったと思っています。

天使のカフェさん、いつもコメントありがとうございます。
プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。