スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツの捨て犬の生活

去年の10月頃から、朝方に背中がとても痛くなって眠れなくなるという変な
症状に悩まされています。多分腰を痛めているので、そこから何か影響が
現れているのでは、とか思います。

それはそうと…。
おとつい母が、BSのテレビ番組でドイツの動物愛護の活動の様子を見て、
感動していました。私はその時間帯は、「女警部ジュリー=レスコー」を
見ていて、その番組には気づきませんでした。

ドイツの動物愛護とは、日本のそれとは程遠く素晴らしいものです。
広大な土地を使い、捨てられた犬の心のケアをしてあげて、最低限のしつけを
した後に里親を探すのです。そしてもし、飼いつづけることが出来ない場合は
またそのセンターに連れてくるように告知します。

動物が相手の仕事は本当に大変です。私も今回ペットショップで働き始めてから
実感としてわかります。犬達に病気が流行らないように最善のことをするということは
本当に、消毒、消毒の毎日です。
そして犬達を観察する。

清潔さを保つために犬達のシャンプーをする。
耳掃除や爪切りも。
売れ残りの犬は結構多いのですが、ずっと犬舎で飼われています。あの狭い犬舎の中で…。
ドイツの捨て犬のほうが幸せなようです。
売れ残りの犬は、ファーム(繁殖場)に連れていかれることもありますが、ファームの犬も
信じられないほど汚れています。外を駆け回っているから、ということですが、
もう少し何とかならないものでしょうか。私は一匹一匹洗ってやりたいです。
都合上、それが出来ないのでしょうが、施設長は出来る限り沢山の犬をファームから
連れてきて私に洗わせてくれます。私の勉強にもなるし、犬は清潔になるし、という
ことなのでしょう。

犬達が子犬展示室に入れられたら、一匹残らず売れてくれるといいなぁ、と思います。

それから私の働いているペットショップはA型事業所なので、障害を持った人達が働いて
いるのですが、急に来なくなった人とか、急に入院してしまう人とか案外多いです。
それでも施設の対応は暖かく、籍はそのままにしてあります。私も施設長が障害者に
理解のある人なので安心して仕事が出来ています。とてもありがたいです。
まず全然怒られることがありません。なにかあればアドバイスという形で注意を
されるだけです。それでも嫌な感じは全然ありません。
いい職場に恵まれて良かったと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。