スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気から離れたい…

ピアサポーターの仕事を始めてから、いつも病気のことを考えなくてはならない状態に
なってしまった。今度、金曜日には地域移行支援事業の方のピアサポートの仕事を
するために、患者さんの概要を聞いた。とても退院は大変そう。
でもご自身は退院を希望しているらしい。

来月の20日には、精神障害者のためのボランティアの方々のために当事者として話を
しなければならない。Iさんと一緒に、担当の職員さんに、ボランティアの方が
どんな事を一番知りたがっているのかを教えてもらう事にした。まだ何回か講義と
研修があるので、その時にみんなに聞けるだろうということだった。

主治医にこのことを話すと、能天気に、「へえ~!いいじゃない!」と言われる。
私としては、病気のことを思い出すので、あまりみんなの前で話をしたくはないのだが。
主治医は、「間に笑いを入れるといいよ」とか何とか、上級者のアドバイスをする。

テレビの福祉ネットワークなどに出ている障害者の人達は偉いなぁ。
私としては、ボランティアの人たちに、障害者について先入観や偏見を持って欲しくない。
以前、障害年金をもらい始めた時に、友人が離れて行った時の寂しさ等を思い出す。
面倒事を抱え込みたくないとでも思われたのだろう。
障害者=問題が起こる、という図式があったのだろう。

実際はなにも問題など起こっていないのに。
悲しい現実。
こういうのを2次的障害というのだそうだ。

とにかくしばらく病気から意識を離したい。
気分転換が必要だ。
ピアサポーターの仕事は楽ではない。

昨晩、私の事を心配した娘から電話があった。
お母さん、最近疲れてるんじゃない?というのだ。
確かに…。
最近の私のブログを見て、両親も、「もう少しいい加減に仕事をしたら…」などとアドバイス。
なんか思いつめているような感じがするらしい。
そうなんです。ピアサポーターの仕事に重圧を感じているんです。
病気の事ばかり考えるなんて…。

そうでなくても私の課は、こころの問題を取り扱う課なので、どうしても
こころの問題から逃れるわけにはいかないのです。
雑務を頼まれても、やはり、こころの問題についての雑務なんです。

楽しいことを考えよう。
これからデパートにウィンドウショッピングしに行こうかな。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。