スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティアの方々の前での講話

11月20日には、ボランティアの方々の前で、ピアのみんな4人が自分の話を
しなければなりません。
あまり気持ちがのりません。なぜなら、ボランティアの方の中にアンケートに
「障害者の方の心の中をのぞいてみたい」と書いた人がいるからです。

私達の心の中は、一般の方々となんの変わりもありません。
”のぞいてみたい…”とはどういうことでしょう。
あまり気分が良くないです。

今、講話のための原稿を書いている最中です。
Iさんは、自分が具合の悪い時のことについては、話したくないと言います。
私も幻覚、幻聴については何も話すつもりはありません。
ただ、いかにして人生を開いてきたか、について話すつもりです。

昨日は昼からボランティア養成講座でした。
だから私達ピアも話を聞きました。
福祉センターから来たスタッフの方が1時間ほど話をされました。
さすが福祉センターのスタッフ。
内容が私達障害者に寄り添った内容で、
箇条書きにすると、
課題として、

■挫折した経験が自信喪失につながる
■「要保護者」としての視線 → 大人として関わってもらえない
■自分自身の可能性を正確に認知しづらい(正当な評価をされない、再発のリスクを考えて限りを
 作ってしまう)
■社会経験を積む時期が発病しやすい年齢と重なっているため、年齢にあった
 社会経験を獲得していない人がいる

とありました。
そのとおりだと思いました。
自信喪失に陥るというのは特によくわかります。

心の中をのぞいてみたい、と書いたボランティアの方は想像力が不足なのでしょう。
考えてみてわからないのかなぁ、と思います。

昨日はアパートに帰ってから昼寝をしましたが、目が覚めたら、すごい鬱の状態に
なっていました。血流が悪くなった時とか、よく気分に作用することがあります。
しばらく起き上がって、こたつに入り、甘いコーヒーを飲み様子をみました。
多分低血糖になっていたのでしょう。アボガドを食べて薬を飲んで休みました。

今日は朝から案外楽に起きられました。良かった…。
今日は仕事休みです。明日はまた仕事。
ゆっくりとしたシフトで助かります。
来週はまた地域移行支援事業のピアの仕事があります。

講話の原稿、書いてしまわなければ。
ホオポノポノのことも紹介するつもりです。
私達はきちんと生活を確立しているのだということをボランティアの方々にわかって欲しい。
心の中はちっとも健常者と変わりないし。
ただ、沢山話かけて欲しい。私達はみんなに話かけて欲しいのです。
人々との交流は大切ですから。
話しかけると言っても、普通に。
普通が一番なんです。

原稿書くの難しい(汗)。
でも折角の機会だから頑張って書かなければ。
何度も言う事だけど、あまり気は進まないんですけどね(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。