スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿命の長さの大切さ

最近私は、仕事が休みの時に、いつもの地域生活支援センターではなく、
別の地域生活支援センターに通うようになりました。

そのセンターは身障者が中心のところで、精神の利用者は少ないのです。
身障者の方々と話をすると、体が悪くても心が健康な方が多いので、
安心するのです。

そのセンターでは、週1回、ピアカウンセリングの時間があるので、
私もピアサポーターなので、勉強するために通っているのです。

進行役は、脳性まひの方の2人です。
少し言葉が聞き取りつらいのですが、説明はとてもわかりやすく、
毎回、ためになることばかりで、充実しています。

そこで、脳性まひの女性が、彼女は54歳なのですが、
1日でも1秒でも、母親より長生きしたい、と語ったのです。

そんな風に、日々を大切に生きている人を前にして、私は、ある統計の
結果を思い出しました。

精神疾患の人は平均寿命が短い、というものです。
多分、自殺の人と一緒に集計するので、そのような結果が
出るのだと思うのですが、実際私達障害者は、日常的に
薬を飲んでいるので、腎臓や肝臓にはかなりの負担がかかります。

私は、その脳性まひの方の話を聞いて、その方が切に、親のことを
思う様子に感銘を受けました。
私には子供がいるので、できるだけ幸福に生きたいと思っています。

今度、難病・疾病の会の方々の会合に行くように勧められました。
そのセンターの副センター長から教えて頂いたのです。
いろんな勉強がしておきたいので、参加させて頂くことになりました。

それから、その副センター長に、自律訓練法の話をしたら、
今度いつか、それをセンターでもやってみて下さい、と言われました。

う~ん。難しい。だって自律訓練法は、もともと心療内科の患者向けの
ものなので、手足にまひがある方に向く、とも思えないのです。
その部分を省いて、心臓が静かに打っている、という部分から入って
いくといいのかな、と思って、いろいろ調べてみたら、その部分は
心臓疾患を持つ人には良くない、とのこと。
楽に呼吸をしている、という部分は呼吸器疾患を持つ人には良くない
とのこと。いろいろと制限があるのです。
今度、副センター長に会った時に、詳しく自律訓練法について、
また説明させてもらわないといけません。

私は、父母より先に死ぬなんて、考えたこともありませんでした。
だから、一日1秒でも長く親より長生きしたい、と願っている人が
いると思うと、自分が少し恥ずかしくなりました。
私はなんていい加減に生きているのだろう、と感じたのです。
脳性まひについては、私は全然知識がないのですが、
今度、難病・疾病の会に参加させて頂くので、そこで
少しでも勉強できれば、と思います。

難病といえば、もっといろんな病気の方がいらっしゃると思うのですが、
時間をかけて少しずつ理解していきたい。
いろんな事を教えて下さる副センター長には感謝しています。
副センター長との出会いは、地域移行支援協議会の時でした。
私が、支援報告をした時に、いろんなアドバイスをくれたのでした。

これからは、もっと時間を大切に、そのセンターに通い、
勉強させて頂きたい、と思っています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。