スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアカウンセリングを学ぶ

今日は最近通い出した、身障者の方の多い地域生活支援センターに
行ってきました。丁度、今日は、ピアカウンセリングの会の日でした。

副施設長がリーダーとなり、いろんな技法を教えてくれます。
前もってリラックスするために、いくつかゲームをしました。

そのゲームはとても斬新なもので、副施設長が大阪から仕入れてきたもので、
2人1組になって、お互いに、「そうだ!」と「違う!」という言葉を
大きな声で掛け合いながら気分を解放していく、というものでした。
それをしていたら、私の心の中のブロックが解放されて、
その後の、デモンストレーションのカウンセリングの時に、
楽々と感じていることを話すことができました。

その斬新なゲームは、やはりカウンセリングの技法で、
緊張している人が話しやすくするための”呼び水”のようなものだという説明でした。
あと、じゃんけんをして、どちらかが勝てば、手を握って挨拶をして別れ、
次々と相手を変えてじゃんけんをしていくのですが、あいこの場合、
お互い、「おめでとう」と言って、鼻と鼻をくっつける、というゲームもありました。
このゲームの効果は、やはりお互いの距離が縮まる、ということでした。

私は毎回、この地域生活支援センターに行くと、車椅子の方に、どういう風に
気を配ったらいいのかが、今一つわからずに困惑してしまうことが多かったのですが、
今日はだいぶ馴染んできたなぁ、ということがわかってうれしかったです。

最近、私の職場のピアサポーター担当の職員さんが、私達のために、
いろんなピアカウンセリング関係の本を仕入れて下さっています。
私は読書が好きなので、毎日一冊ずつ家に持って帰って読んでいます。

JHC板橋、というところの本が多いのですが、ほんと、ピアカウンセリングって
追求していくと楽しいものなんだなぁ、と感じます。
私は読書家なので、ちょっと本の虫のようになっていますが、
今日、地域生活支援センターで会ったAさんは、あまり本の内容には
こだわらない、と言っていました。
私のピアカウンセラー歴は短いので、参考になる話でした。

他の3人のピアは、集中力が長く続かない、という理由で全く
本を読んでいないようです。読んでみると勉強になる部分が多いので
もったいないとは思うのですが、症状として本が読めないという事なので
仕方がありません。

来週14日は、難病・疾病の会に参加させて頂きます。また新たな分野に
チャレンジです。とても貴重な体験だと思います。
いろんな機会を与えて下さる副施設長には感謝しています。

精神だけの地域生活支援センターとは違う所が沢山あります。
私は精神だけど、身障者の地域生活支援センターに行ってみて良かった、
と思いました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。