スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた体験談を話す

私達ピアサポーターにおいては、自分の病気の体験談を話すということは
必須のことのようです。

先日、私達のピアサポート相談室がある、こころの健康センターで、
市の精神保健福祉担当者研修会が開催されました。
対象者は保健所及び区役所などにおいて精神保健福祉に関する業務に
従事している者、ということでした。
およそ50人程の方々が集まりました。

朝の9時から5時までの、中身の濃い講義と講話。
私達ピアが体験談と活動報告をするために部屋に入ったのは
2時半頃でしたので、皆さん、普通のサイズの長テーブルに3つのイスで
ぎゅうぎゅう詰めの状態でいらっしゃったので、気のせいか
とても疲れていらっしゃるようでした。

部屋に入ると、重い疲労感が私達にも感じられました。
「えっ!?こんな状況で私達は自分達の話をしなければならないの?」という
感じでしたが、話を始めるとすぐにそれに集中して、
まわりの状況なんてどうでもいい!という気になりました。

無事、24年度のピアサポーターの活動報告と体験談発表が終わりました。
質問は特になく、楽な仕事でした。

この仕事が終わった後、私は何かしら達成感のようなものを感じました。

昨日は受診でした。
主治医に、「私、体験談を話すのがとても楽しいんです。ちょっと珍しいタイプかも」と
言いました。すると先生が、
「いやむしろ、それよりも今までは病気の受容が全然できていなくて、現実から
目をそむけていたから、それで状態が悪くなっていくことが多かったように思う。
でもピアサポーターの仕事を始めてから、あなたはきちんと病気と向き合うようになった。
これは、とても良い変化だと思う、ピアサポーターになれて良かったね」と言われました。

とても嬉しいコメントでした。
私の仕事が肯定されている。

今月の下旬には、とある病院で、ピアサポートについての説明をしなけれをばなりません。
また原稿を準備しなければなりません。
私達の熱意が伝わるような発表ができるといいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。