スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独感と向き合う

以前は全然、平気だったもので、最近辛くなってきたもの。
それは、孤独感との闘いです。

特に仕事が休みの日。
何もすることもなく部屋にいると、とてつもなく強烈な孤独感が
襲ってくるのです。慌てる私はすぐに母に電話をします。

「ねぇ。お母さん。寂しいんだけど…」というと母は、
はぁ~、とため息をつきます。何とも切ない気持ちで話しをして、
今日でこんな日が続いて1週間ほど。
とうとう薬の量を多くしてもらおうと思いました。

主治医の先生は、薬を少なくまとめるのがモットーのようですが、
その先生の意に反して、今度カウンセリングの時に、この
強い孤独感が心がけとかでは全然歯が立たないものである、ということを
話そうと思います。

一体どうしたというのでしょう?
季節の変わり目だからかな?
それとも、何かが心の中で壊れてしまったのかな?
何とかして、この強烈な孤独感、克服しなければなりません。

私の友人で、やはり一人暮らしをしている人は多いんですが、
みんなやはり、寂しいと言っています。だから沢山友人を作るんだと…。
私も昨日は、どこに電話をしたらいいのか困ってしまって、
「寄り添いホットライン」に電話を何度もかけました。でも
いつも回線がふさがっていて繋がりませんでした。
何人かの友人にメールを送ったり、電話もしました。
友人はやはり、そんな時は人と話すことが解決策だよね!と言います。
だから、夜遅くまでいつも起きている友人は、
「電話、かけてきてもいいよ」と優しい言葉をかけてくれました。

何となく襲ってくる強烈な孤独感。
上手に付き合っていきたいです。
生活のバランスを崩すことがないように気をつけながら。

心の中に、「こんな弱い自分はいやだ!」と自分の事を批判している自分がいます。
でも、こんな弱い自分のことも、きちんと受容しなければ、
自分のことを痛めつけることになるでしょう。
ただでさえ孤独感で弱っているのに、もっと自分のことをいたわらなければ。

薬は増やしたくないけれど、それで生活の質が上がるのならば、
それはそれで仕方がない。
心の安定が一番大事だから。

それにしても昨日の孤独との闘いは大変だった。
今日は楽でありますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。