スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祝いのドラジェ

今久しぶりに、リラックスしてBS-TBSの番組でフランスの美しい
田舎町の様子を観ています。

そこに、私が子供を出産した時に皆さんに配った、
砂糖でくるんだアーモンドのお菓子、「ドラジェ」が!
可愛らしいお店に沢山並べられていました。

懐かしいなぁ。
ピレネーの街並みが素朴で美しい。

その当時は、幸せでいっぱいでした。

その当時を思い浮かばせる番組。
お祝いの時は、「ドラジェ」を配る。
色とりどりの砂糖でくるまれたアーモンド菓子「ドラジェ」。

日曜日のマルシェ(青空市場)の様子も。
ジュネーブに居た時のことが懐かしく頭をよぎります。
あの時は子育てで一生懸命でした。

何もかも、懐かしい…。
自分も若かったし(笑)。

もう、あの頃には戻れないけれど、
懐かしく思い出す。
そんな癒しの時間が感じられます。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんかその町に行ってみたくなってきました(^^)

フランスのピレネーという町に住んでらしたのですね。

なんか想像しただけで絵が浮かんできます。

ヨーロッパの歴史と伝統が残る静かな佇まいや景色が浮かんできます。

いつかは僕もヨーロッパに行ってみたいですね。

10年後くらいには行けたらいいなと思ってます。

というか必ず実現できるように頑張ります。

そうだ。その時はココットランドさんも一緒に連れて行かなくちゃ(^^ゞ

それぞれの町を案内してくれたら嬉しいなぁ(^_-)-☆

Re:なんかその町に行ってみたくなりました

昨日はたまたま、ピレネーの様子をテレビで放映していたのですが、私が住んでいた所は、スイスのジュネーブで、同じフランス語をピレネーの町の人達がしゃべっているのを聞いて、とても懐かしくなったのでした。子供にとって一番大切な時期をジュネーブで過ごせたのは、とても幸運だったと思います。多分あの時期に日本にいたならば、子供を塾に行かせたり、いろんな習い事をさせたりと、忙しい毎日を送っていたと思うからです。ジュネーブでは自宅にテレビを置いていないところもあって、とてもシンプルで素朴な生活を皆さん送っていました。久しぶりに日本に帰国した時には、あまりの騒音にびっくりしたものです。また、ジュネーブに行きたいものです。
プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。