スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーフケアを受ける

先日、父の死に関して自分の気持ちを整理すべく、
グリーフケアを受けました。

そこで、キリスト教系の病院の地域連携室、パストラルケア部、
臨床カウンセラーの方の講演を聞くことが出来ました。
貴重な経験でした。

資料が配られ、緩和ケアとは何か?についても話されました。
私は、死について、そして健康について考えさせられました。

世界保健機構が出している定義、
「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく
肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態に
あることをいう」というもの…

では、ガンの人は定義からすると、健康なのでしょうか?
という問い。
その方は、愛する家族と一緒に感謝しながら共に生きている、とのこと。

結局、健康とは、ご本人が決めることで、定義が決める事ではない、と
先生が言われました。

その先生がドイツに行った時のこと、ほとんどのホスピスが、
幼稚園や小学校、動物園に隣接し、園児達は、散歩の時に
ホスピスの窓ガラスを見て、ろうそくが灯っていると(灯っているのは
誰かが御昇天されたという意味)先生と一緒にそのろうそくのもとで
お祈りするのだそうです。自分が、今、生きていることは
当たり前ではなく、いただいたものであり、誰かと共に大切に生きて
伝えていくという人間の根本的なスピリチュアルな部分の
情操教育をされているとのことでした。

これを、”命をつなぐ教育”と表現するのだそうです。

あと、他にもいろんなことを学び、特に病気になって病院のお世話に
なっている時の精神の自律の状態について学びました。
以下に資料から、そのまま抜き出した文章を載せます。

***********************
 
 自律は、身体が動かなくなって思うようなことができなくなることだけを
さしているのではありません。自らで自らのことを意思決定することが
できることを自律と言います。他者の幸せや行く末を良きものであるようにと
病床にあっても願う事が出来る人は、自律の喪失をしていません。
身体は動かなくなったが、「ありがとう」という感謝の言葉を言える方は
自らで自らのことを意思決定している自律した人です。
人間はある部分が動かせなくなったら、自分のどこが動かせるのかを考えます。
体の現状は変わりませんが、心を動かし、考え方を動かすことができます。
だんだんと病状が変わっていく時、スタッフに身体を任せ、そして、
委ねていくことは人間の尊い自律心です。患者さんが身体をスタッフに
委ねている時に出る、「ありがとう」の言葉はものすごく深い意味があります。

************************

あと、自分の価値観なしに人の話しを聞くことや、
共感はできない、ということなどを話されました。

私は、父の死をきちんと受容できていませんでした。
それで泣けなかったのです。なので、
父の最期の時を思い出しました。

父は最後の瞬間まで、力いっぱい生きていました。
それを見守る私達家族は、共に強く、力を合わせて
一緒の時間を過ごしたのでした。

私は、そのことを先生に教えて頂いた時に、やっと
目から涙が沢山流れ出てきたのでした。
その後には、なんだか温かな気持ちになりました。
充足したのです。

講演が終わって、悲しみの中にいる人達と語らいました。
いろんな話しが聞けて、ためになりました。
私も勿論、自分の気持ちを話しました。
その時も、涙が沢山出てきました。

会が終わって家に帰ると、身体の力が抜けてぐったりとしていました。
だから早めに床につきました。

本当にこれからは、父の死を受容し、新たな気持ちで生きていきたい。
あの体験に、ありがとう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。