スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡

先日、ある本を知りその内容に感銘を受けて
すぐにアマゾンで注文してみました。
その本とは…

・蘇活力
 南 和友著 (アチーブメント出版)

その著書で南先生は、活力ある生き方をするには、
ということを書いていらっしゃいます。
特に、医学博士である南先生は、五感を使って
自律神経を鍛えることを推奨されています。

”9つの習慣”というものを唱えられていて、
①生活のリズムを整える
②食事は腹8分目
③運動をする
④五感を使う
⑤呼吸を意識する
⑥感動する
⑦情熱をもつ
⑧薬はほどほどに(精神科以外の薬のことだと思います)
⑨休暇を取る

その中の”感動する”について
今朝ニュースを観ていて相通じるニュースに
出会ったので、ここにホームページから
コピペしておきます。

**************************

~ユダヤ人大虐殺 生き延びた最高齢の女性
110歳で死去~

 ナチス・ドイツによるユダヤ人大虐殺を生き延びた
最高齢の女性が、110歳で亡くなりました。
晩年までピアノを弾き続けた女性の人生は、
アカデミー賞候補作の題材にもなっています。

 アリス・ヘルツ・ゾマーさんは、プラハ生まれの
ユダヤ人で、1943年、ナチス・ドイツによって
家族とともにテレンジエンシュタット強制収容所に
送られました。
ピアニストのゾマーさんは、収容者や看守らのために
ピアノを弾き、3万人以上が死亡した収容所で
生き延びました。
しかし、ゾマーさんの夫と母親は、終戦を見ることなく
亡くなりました。

 戦後、イスラエルへの移住を経て、
80年代にロンドンに移ったゾマーさんは、
100歳を超えて視力が弱ってきてもピアノを弾き続け、
自宅のあるアパートにはつい最近までゾマーさんの
ピアノの音が響いていました。
21日、体調を崩して入院、23日に
亡くなりました。110歳でした。

 ゾマーさんの人生を描いた
ドキュメンタリー「6号室の婦人」は、
今年のアカデミー賞短編ドキュメンタリー部門に
ノミネートされています。(24日21:19)

(TBSニュースより)
**********************

この女性は奇跡です。
筆舌に出来ないほどの経験をされてきて、
ずっと一人で生きてきて、それでいて
人生を受け入れ、楽しみ、
長生きをして…

私も自分の人生を、よくよく受容しなくては。
それにしても感動をありがとう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。