スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルデンクライスの反応

最近、首筋をひどく痛めてしまったことを、きっかけに
整骨院に通い始めました。
体をソフトな感触で揉み解してくれるのですが、
それが、とても気持ち良く、
自分に合っているので、継続して施術を受けています。

だんだんと痛みが和らいできたので、
自分でも以前から時々実践していた、
「フェルデンクライス」という体操をし始めました。
早く、もっともっと体を楽にしたかったのです。
ところが…。

体は日に日に楽になってきているのですが、
精神面が…、とても強い抑鬱の状態に
陥ってしまいました。
その状態になってから、2週間が過ぎ、
もしかして治らないかも…、と大変な不安に
駆られました。

仕事が休みの日は特に、抑鬱の症状が堪えます。
とうとう寝る前の薬を昼間に服用する日が
続きました。

今日は、さすがに薬が次の診療までに足りなくなった
ので、簡単な診療と薬の処方を受けに病院へ。
先生に、「自立訓練法とフェルデンクライスをしていたら
体は楽になってきたけれど、精神的に抑鬱の状態に
なってしまったから、辛くなって昼間に薬を飲み、
足りなくなってしまった…」と浮かない顔で伝えました。

ここのところずっと、状態が安定していたからか、
先生は、真剣に受け止めて下さいました。
そして、足りない分の薬の処方箋を出して、
「一体誰が、それをしたら、なんて言ったの?」と
少し残念そうな、そして呆れたような口調で
尋ねられました。

私は人に勧められたわけでもなく、ただ自分で
自発的に取り組んだことだ、と答えました。
精神的にはひどい状態になってしまったけれど、
実際に体は楽になってきているので悪いことばかり
ではないと思う、とも伝えました。

先生はしばらく黙っていました。
しばらくの沈黙があった後、先生は
「あまり沢山の薬は、度々は出せないからね…」と
言われました。そして、
「どうして抑鬱の状態になったと思っているの?」
と改めて尋ねられました。
私は、「自立訓練法とフェルデンクライスの反応だと
思う」と答えました。

先生は私の表情を観察しながら納得したような態度で、
フェルデンクライスを止めるようにとは言われませんでした。
私も自分で責任を持って取り組んでいることなので、
2日ほど中断したけれど、また、再び始めることにしました。

体が楽になるとは、なんて素晴らしいことでしょうか!
でも念のために、休みの日に抑鬱で苦しくなった時の
ことも考えて、安定剤を頓服で出して頂きました。

体が楽になってから、朝の目覚めが気持ち良く
感じられるようになりました。
以前は朝から体の痛みで目覚めることばかりだったので
とても嬉しい…。

フェルデンクライスは、もともと人から受ける施術なのですが、
一人で体を自在に、まるでモダンバレエの様に
動かして、自力で筋肉を解していく方法があります。
you tubeには、その動画が沢山出ています。

それにしても、なぜ突然鬱になったのでしょうか?
20代と30代は、確かに抑鬱の症状がひどかったのを
覚えています。その時のストレスが表面化した
のでしょうか?

筋肉はストレスを記憶する、とはバランス・セラピーの
理論です。なかなか侮れない筋肉のコリですね。
正直なところ、少し怖かったです。

昨日から気分が持ち直してきているので、
ひと安心しています。
今日は仕事が休みだったので、昼に
安定剤を服用し、ゆっくり横になって過ごしました。
ちょうど外は雨。

軽くフェルデンクライスをして、CDを聴いて…。
充実した休息日でした。
明日から2日連続で仕事です。
今夜もゆっくり眠れますように…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。