スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神障がいピアサポート講座①

昨日、ピアサポート講座が始まりました。
全部で4回の講座で、3回目には講演会があります。
毎年、夏に開催されるのです。

夏はイベントが目白押しです。
ピアサポート講座が終わったら、
WRAP集中クラスもあります。

昨日は、15人のピアが集まりました。
病院のスタッフも集まったのですが、
せっかくなので、グループワークに参加して頂きました。
あくまでピアのための講座なので、
ピアが中心で司会と書記を務めるのです。
(私はファシリテーターをしました。
新しくピアサポーターとなられる方が中心だからです。
昨日はとにかく裏方に徹しました。)

5人ひとグループで3つの机に分かれ講義を聞いていきます。
まず、所長の挨拶に始まり、早速学習会が始まりました。
センター専属の精神科専門医による、
「私達に大切なこと  ~リカバリーについて」。
そして、OTの上司からは、
「ピアサポートとは?」。
この様に、2つのテーマで講義が行われました。

講義の後は、皆で3つのグループそれぞれで、
グループワークがありました。
いろんな意見、感想、日頃の思い、悩みなど
沢山話して、時間が足りないほどでした。

グループワークのテーマは一応、5つありました。
○自己紹介(1人1分程度)
○講座を受けての感想
○これまでを振り返って、自然発生的なピアサポートの経験
 (行ったり、受けたり、見たり)について
○自分にとってのピア(仲間)の存在、
  ピアということでの強み、良さ
○大切にされていると感じることは?

(最後の”大切にされていると感じること”というテーマは
 個人的にもとても大好きなテーマでした。日頃から実際に
 職場で大切にされているのを感じているからです。是非、
 他の皆さんにも考えて頂きたかったのですが、時間が足りず
 話し合えませんでした)

そして、グループワークの約束事とは…
○結論を導くのが目的ではありません。自由な発言の中で、
  対等な立場を保証します。
○絶対に人の話を批判しません。お互いを認め合いましょう。
○質問は相手の了解があり、且つ人を傷つけない内容なら構いません。
○同じ人が時間を独り占めしないようにしましょう。
○考えが浮かばない時、発言したくない時は、
  「パス」しても構いません。
○楽しく交流し、お互いの気持ちを分かち合うようにしましょう。

今年度から一緒に働き始めた同僚2人は、 
まだ講座を受けていなかったので、必須項目として
参加していました。

人数も適当でアットホームな雰囲気な中、
講座は進行していきました。
就労準備デイケアからの参加もあり、なかなかの
大盛況でした。

既に皆さん、各自でインフォーマルなピアサポートを
実践していらっしゃるようでした。
またピアサポートを受けている、という人もいました。

議題に上がった中で一番皆さんの興味を引いたのは、
どうやら”バウンダリー”(境界線、距離感)の様子でした。
この”バウンダリー”。
定期的に行われる「ピアサポートの集い」でも
意見が本当に活発に出てくる議題で、
何回か繰り返して集いでテーマに取り上げても良いのでは、と
上司が言った程でした。

今度、新しいピアサポーターが誕生したら、
その方達のために、再度テーマにしても良いのでは…。
ピアサポート専門員であれば、”バウンダリー”について
プレゼンが出来なければならない、という程ですから。

それから今日は、沢山のピアと交流が持てて、
楽しい2時間でした。
新しい自助グループとの
横の繋がりも出来て有意義でした。

2回目のピアサポート講座は8月4日。
私達4人の社会復帰支援ピアサポーターと、
地域移行支援・地域定着支援事業のピアサポーターが
それぞれ活動報告をします。
ピアの講話もあります。

そうそう!
先日、「クローズアップ現代」にて、
ピアサポートについて取り上げられたらしい。
私は丁度、ショッピングモールで買い物をしていて
見損ねてしまいました。精神保健福祉室のスタッフで
ダビングしている人がいるので借りなければ…。
先輩ピアサポーターの様子が良くわかる内容だったとか。

これから、ますますピアサポート事業が地域に根差します様に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。