スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことの重大さ

神経鞘腫と判明していから2カ月になろうとしています。
昨日、ピアの友人が心配して電話をかけてくれました。

「痛みには、温めるのと冷やすのと、どちらがいいですか?」と
聞いてくれました。
私はどちらも試してみたことがないので、よくわからない、と
答えると…、なんと、その友人の御両親が私と同じ病気で
亡くなったとのことでした。

神経鞘腫の腫瘍は、良性と悪性があります。
主治医は多分、良性だろうと言っていました。
でも、組織検査をしていないので、あくまで推測の域の意見です。

友人は、今度会う時に、お母様が使っていたという、
足を温めるためのツールを持って来てくれると言いました。
その後、私は神経鞘腫が大変な病気であることを
改めて実感したのでした。

友人のお母様は、仕事のために手術を遅らせたとのこと。
私がしようとしていることと同じです。
私も、9月18日に、どうしても引き受けたかった仕事があるので、
手術日を、うんと延ばしたのでした。

来週の始めに、主治医から手術日を新たに決めるための電話が
あります。その時までに、よくよく考えて結論を出さなければ…。

友人のお母様は手術後に仕事に戻られて、15年生きられたそうです。
悪性だった、とのことでした。

私の主治医はとても慎重で優しいタイプの先生です。
その主治医が、多分良性だというのならば、仕事を
9月中旬まで延ばしても大丈夫なのではないか?

電話があった時に、悪性の症状の特徴を聞いてみよう、と
思いました。勿論、良性の特徴も。
それから手術日を決めるのです。

9月18日の仕事…。
私にとって、初めて自分で引き受けた講話の仕事です。
仕事の話を受けた時、
本当に気持ちが引き締まる思いがしたものです。
それから、ぐんと体調も良くなってきて…。
記念すべき仕事なのです。

友人が、手術後に足が不自由になっても仕事を続ける事が出来る、と
励ましてくれました。
最近の私は、ピアサポーターを続けることについて
心境の変化を感じていたのですが、再び、
その熱意に火が灯りなおしたところです。
人の気持ちって、どんどん変わるものなのですね。

神経鞘腫のほうは、きちんと治して、
そして早く仕事に復帰しようと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。