スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父のこと 2

昨日は8時間以上に及ぶ大手術でした。まだ意識の戻っていない父に、ICUで面会しましたが
管を口に入れた状態で包帯にくるまれている父を見たら、なんだか泣きそうになりました。
右ほほのあたりに癌があったので、徹底的に細胞を取ってしまったとのことでした。
手術後は顔に麻痺が残るとのことで、手術後の父のストレスが心配です。
朝から病院で休んでいる父に対して、「お父さん、おはよう。よく頑張ったね。お疲れ様。」と
つぶやきました。朝早くと夜寝る前の時間帯は、潜在意識が繋がり易いと、ホオポノポノの本に
載っていたので、これから多分毎日、夜と朝につぶやくと思います。

母も気丈に頑張っています。
母にも沢山、いい言葉をつぶやかなくては。
「いつもありがとう。よく頑張っているね。その調子!」と言ってあげたいです。
姉も昨日はよく頑張っていました。あんなに仲が悪かったのに、ウソみたいに父の目を
ハンカチでぬぐってあげたり、トイレに付き添ったり。
ようやく私の中の記憶の「姉と父は仲が悪い」という記憶が改善されそうです。
あぁ、姉はすでに父を赦していたんだなぁ、と感じました。
赦すということはなんという美しい行為なのでしょうか。

キリスト教では赦すという事を特別に丁寧に習います。
私は授業中に自分の家族を赦すという事について述べさせて頂きました。
私にとって自分の両親と姉を赦すことは大変な努力と苦労だったと、みんなの前で話しました。
赦すことが出来ると、心の中の固い氷のようなものが氷解するのがわかります。
それこそが和解の秘跡というものなのでしょう。
教会では、とても楽しいシェアの時間を持つことができて感謝しています。

もう二度と人のことを憎んだりしまい!だって苦しいから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おつかれさまでした

お父様の手術だったんですね。。。
私は2005年に夫が手術で、夕方から始まって真夜中までかかりました。
あの夫の病気以来、いろいろなことが加速しています。
信じられないような出来事が連続して起こるし・・・。
でも、全て何か意味があるんだろう、きっと私に乗り越える試練を与えて
いるのだろう、と思って、とにかく、へこたれないようにしてきました。

下の記事の、cocottolandさんとお父様の関係、まるで私と父の関係の
同じだなぁ~と思いました。そして、私と夫の関係とも・・・。
私も赦しを学んでいるんだろうな・・・と思います。
前に、気づいたのですが、「怒り」を口に出して言うことで「恕し」に変えて
「光」に昇華したら、いいんだろうな・・・というイメージです。
「怒」と「恕」の字がよく似ているのと、「ikari」と「hikari」も「h」があるかないか
の違いなので、面白いな、と思ってからイメージするようにしています。

お父様のご回復をお祈りいたします。。。

RE:おつかれさまでした

ひろみさん。いつも私の事を心配して下さってありがとうございます。
ご主人さま、手術の経験があるのですね。
この間は、ひろみさんご自身も手術されたのでしょう?
同じ体験を持つ者として、一緒にがんばっていきましょう。

父と私の関係。今また急激にいい方向に向かっているような感じが
します。父は昨日の昼過ぎにICUから病室に移りました。
今までよりもまたさらに、親孝行をしたいです。

怒りのエネルギーは身体によくないから、他人やドクターに話すことによって、
無理なく間違いなく解放した方がいいと思います。解放がすすむと自然に
相手を赦す方向へと心が動きます。人間の心って、よくできているから。
あるいは宛名のない手紙として書いて、自分で気が済んだ時にそれを燃やす
という解放のテクニックもあるようです。

ご主人さまの手術後にいろんな信じられないような事が起こったとは、
どんな事だったのでしょう。全ては必然といいますから、やはりひろみさんが
言われているように何か意味がある事だったのでしょうね。

赦すという事はとても大切な事です。自分の心が怒りに支配されないように
守ってくれるものでもあります。自分の心の健康のために赦す。
そこから生まれてくる新しい人生はとても心地の良いものです。

コメントありがとうございます。



プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。