スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDを聴いてリラックスをする

昨日から嫌な思い出を忘れようと努力していますが、今、モンロー研究所で販売されている
「Higher」というCDを聴いて、リラックスをしているところです。
サイコサイバネティクスのドクターモルツが、自分を変えるイメージプログラムを実現させるには
リラックスの状態が必要だと言っていたので、今日はこのCDを聴いているわけです。
とても気持ちが良いです。
自分を変えるイメージプログラムでは、サイコロジカル・リラクゼーションの4つの必須の側面を
教えていて、

①自分を赦すこと
②他人を赦すこと
③(他人ではなく)自分と競争すること
④自分の中に最高の自分を見ること

の4つが必須のものとなります。
私は今、どれも条件として持っていないような気がします。最悪ですが、
復職できなかったことで自分を責めているような気がします。
だから他人を赦すことも難しくなっているし、競争する自分をイメージすることも出来ません。
それに最高の自分がどんなものだか、わかりません。

ただ21日間、続けて唱えなければならない言葉があります。それは下記のような事です。

**********************

「今日も新しい1日が始まる。私はこの新しい日を自分の意志で過ごす。私が今日することは
重要である。なぜなら、私は人生の新しい1日を行動と交換するからである。」

明日がくれば、私が今日という日と引き換えにしたものはそのままで、今日という日は永遠になくなる。
私は自分に約束する。その日を自分にとって実りある、価値のある成功した日にすることを。
なぜなら私はこの日のために支払った代償を後悔したくないからだ。

私の思考と態度は落ち着いていて快活だ。
私は他の人々に好感を持っている。

私は他の人々に寛大で、彼らの欠点や失敗を許し、彼らの行動を可能な限り快く理解する。

私は自分の目標の達成があたかも確実に起こるという感覚で行動する。私は自分自身が
目指している人であり、私の全ての行動や考え方はこの人格を体現したものだ。

私は否定主義や悲観主義に自分の判断や態度を左右されない。

私はできるだけ笑顔でいる。少なくとも日に何度かは笑顔をつくる。
どんな状況に置かれても驚かずに、私は落ち着いた懸命な態度で行動する。

もし自分にコントロールできない状況であれば、たとえそれがネガティブな事実であっても、
ポジティブな態度で行動するように心がける。

私は以上のような態度で行動する習慣を作ることが出来たら、自分のセルフイメージに
ポジティブな影響を与えることを知っている。これらの行動を自分の人生の一部にすると、
自分に対する自信が確実に増していることに気づくだろう。
**********************************

始めにこの教材を見た時、物事をマインド(頭)の力だけで変えていく、という作業には
正直うんざりしました。そんなに上手くいくものか!と反発したのです。
でも今日は案外そのまま文章を受け入れることが出来ています。
何事も継続することが大切だということでしょうか。
自分を大切にして、受ける情報についても自分で責任を持っていいものだけにする、という
ことはネクストリーダーの人たちの常識のようです。
低レベルの雑多なことに気を取られないようにする、ということがメルマガによく出てきます。
最優先課題に注意して時間を有効に使う、ということが人生において成功する鍵なんだそうです。

昨日は、「ビクトリーBOOK 基礎編」を読みました。内面から成功する方法が書いてあります。
そこでモンロー研究所もことが少し書いてあったので、今日は朝から研究所のCDを聴いて
リラックスする方法を考え付いたのです。グッドアイデアの様です。
集中力が増しているのを感じます。

統合失調症の患者がモンロー研究所のことに興味を持つとは、ちょっと危険な感じですが
私は以前からこの研究所のこと大好きなんです。CDも優れ物で、本当に気分がすっきりします。
皆さんも恐れずにこのリラックス法、試してみませんか?

同じ統合失調症の患者さんでテレビが話しかけてくるから、と言って部屋にテレビを置いていない
人がいました。その人に、ホオポノポノの話をしたら、なんか怖いというのです。
だからそういう人にはモンロー研究所のことなんか話したら相当怖い思いをするのかもしれません。
どれだけ消極的な生活なのでしょう。私には想像もつきませんが。
ちょっとかわいそうです。一人でじっと回復することを祈りながら暮らしているのだそうです。
インターネットも怖いから触らないのだそうです。
今彼女は入院中です。時々、とても不安になって自発的に入院をするのだそうです。
開放病棟に入院するみたいですが、入院費も相当なものでしょう。
手帳も作っていないから、父親から生活費をもらっているみたいです。
どうして生保の申請をしないのでしょう。
私達患者にとって経済的に親から自立するということは結構重要なことです。
まぁ、生保の申請も相当プレッシャーがかかって大変なことですが…。
彼女には負担が大きいのかもしれません。生保の生活をしないで親や親せきからお金を貰いつつ
暮らしている人って結構多いのですが、生保にこだわりがあるのかもしれません。
私が知っている統合失調症の男性には、結婚したいから生保を受けない、と決めている人もいます。
生保を受けると、女性に声をかけづらくなるからという理由のようです。
いろんなこだわりがありますね。
生保のどこが悪いというのでしょうか。
ありがたい社会扶助の制度なのに…。
人それぞれの理由があるから何ともいえないのですが。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。