スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーク ニューヨーク!

先日娘が2度目のニューヨーク観光に行っていました。昨年の1か月の留学がよほど楽しかった
のでしょう。友人と2人の旅行だったようです。ブロードウェイで「MAMMA MIA!」を観たようです。
私はアバが大好きで、子供が小さい時からよく聴いていたので、娘もアバの曲をよく覚えていたようで
ミュージカルもすごく素晴らしかったと言っていました。
 
私がよく聴いていた曲を大切に携帯に保存しているようでした。
母親の私としては、とてもうれしい事実です。
昨日はケーブルテレビで「glee」というドラマを見ていたら沢山ニューヨークの様子が出てきたので
早速娘にメールで報告です。「お母さんもニューヨークに行きたい!」などと書いてしまいました。

娘は20歳になりました。新しいお母さんが娘に着物をレンタルしてくれたみたいで、
携帯でその時に着た着物を見せてくれました。緑色、赤色、青色、黄色の着物をはおってみて
結局、赤色のものを選んだようです。レンタルとはいえ、料金は信じられないほど高く
びっくりしたのですが、別れた主人がそのレンタル料を支払ったようです。
今度私に会いに来てくれた時に着物を着た時に撮影した写真を持ってきてくれるらしいです。
今度はいつ会いに来てくれるのかしら?
とても楽しみです。

昨年のニューヨーク留学の時には、国連本部にも行ったらしく、私が国連のことをとても
好きなのを娘はよく知っていて、キーホルダーをお土産に買ってくれたのですが、
戦争のWARというスペルから鳩がAの文字をくわえて上に書いてある平和のPEACEのAの所へ運んでいる
という、とても素敵なセンスのキーホルダーでした。今大切に使っています。

今は生保の生活なので旅行は全然しないのですが、以前は主人が転勤が多いせいか、海外を
転々としていた暮らしでした。なかなか経験できないようなことも沢山ありました。
いい勉強になったと思います。主人との間に愛情が無かったことを省けばの話ですが…。
子供が小さい時に素朴なヨーロッパで子育てが出来たことは本当にラッキーでした。
ヨーロッパの人たちは子供や子供を育てている母親に対して、とても思いやりの心を
持った人が多いように思えます。ですから日本のように母親が子育てのために社会から
孤立してしまう、ということがあまりないようです。
勿論、幼児虐待やDVも多いのですが、それらへのサポート体制がよく出来ているというか。
日本のように一時施設で預かっていた子供を親元に帰してその後に虐待のために子供が
死んでしまうというようなことは無いようです。

日本人の認識は甘いと思います。家族によっては一時的などではなく、一生親権を無効に
したほうがよいこともあるのだと思います。
アメリカでは車中で子供が放置されて死んだ場合、両親は刑務所に入れられるという事です。

子供を守る。

このテーマは私の永遠のテーマです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。