スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父のこと4

癌の手術の為に、顔面の半分が麻痺してしまった父。
食事の時間が大変そうです。味があまりしなくなったとかで、食べる量も
随分と少なくて、見ていてとても心配です。なんとかもう少し食べれないのかなぁ。
今日は放射線治療の影響もあるのか、胃の調子が悪いとかであまり食べれないようです。
食べ物を口にすると、吐き気がするのだそうです。

体重も減ってきているのではないのかなぁ…。
本当に心配です。母も一生懸命に食べるように父を叱っています。
でも食べることにおいて父は、全く興味がなくなっているようで、というか、
まるで拷問でも受けているような気がするのだそうです。

食事の時間が来て、おかずがテーブルの上に並んでいるのを見る父の表情には、
苦痛と鬱の色が。
これがきっかけになって心の病にならなければいいんだけど。
あまり食べれなくなってきたら、精神科の医師のカウンセリングも受けた方がいいかも。
多分薬は処方されないと思うけれど、心の支えにはなるかもしれないから。
今ケーブルテレビで見ているドラマで、病院の医師の仕事を描いているものがあるんだけど、
アメリカでもカルフォルニアの地区では、内科の医師と精神科の医師が協力しながら
患者の様子をフォローするんだけど、日本にはそんな所、あまりないみたい。
大学病院では癌の緩和ケアに精神科が協力しているみたいだけど、それはあくまで
もっと父よりも具合の悪い患者さん向けのもののようです。

今、母と話をしていたのですが、レシチンの粉末を飲み物に溶かして飲むといいのでは、
ということでした。あの日野原重明先生が、毎日それを飲んでいるのだそうです。
明後日、母が病院についていくので、その点、いろいろと聞いてみるとのこと。
みんな一生懸命です。
お父さんの病気が治りますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cocottoland

Author:cocottoland
私のブログを訪ねて頂いてありがとうございます。私は1964年生。統合失調症です。離婚歴があり、娘は主人と一緒に遠くで暮らしています。娘との連絡手段はメールと電話のみです。

主人は最近再婚しました。(2110年)新しい娘のお母さんは、とてもいい人のようで安心しています。

私は一人暮らしですが、近くに母が元気で暮らしています。父は2013年10月31年に霊山へ旅立ちました。4歳年上の姉が一人います。家族関係は良好です。(以前は違いましたが…。ホオポノポノのお陰です。)

ホオポノポノによって元気を取り戻していく過程は劇的でした。今すごく幸せで充実した日々を過ごしているので、その中身を皆さんとシェアできたら、と思いブログを作りました。

皆さん、ゆっくり遊んでいってくださいね!



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。